最も稼いだ女優は、エマ・ストーンだった

1年間に2600万ドルを稼ぎ出した

 8月16日、米誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、エマ・ストーンがトップとなった。ロサンゼルスで6月撮影(2017年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 米経済誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」で今年のアカデミー主演女優賞に輝いたエマ・ストーン(28)がトップとなった。

フォーブスの推計によると、ストーンは2016年6月からの1年間に2600万ドル(約28億5000万円)を稼ぎ出したという。

2位はジェニファー・アニストンで2550万ドル。人気ドラマ「フレンズ」の再放送による収入などが寄与した。3位は昨年まで2年連続でトップだったジェニファー・ローレンスで、2400万ドルだった。

このほか、トップ10にはシャーリーズ・セロン、エマ・ワトソン、メリッサ・マッカーシーらが入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT