最も稼いだ女優は、エマ・ストーンだった

1年間に2600万ドルを稼ぎ出した

 8月16日、米誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、エマ・ストーンがトップとなった。ロサンゼルスで6月撮影(2017年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 米経済誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」で今年のアカデミー主演女優賞に輝いたエマ・ストーン(28)がトップとなった。

フォーブスの推計によると、ストーンは2016年6月からの1年間に2600万ドル(約28億5000万円)を稼ぎ出したという。

2位はジェニファー・アニストンで2550万ドル。人気ドラマ「フレンズ」の再放送による収入などが寄与した。3位は昨年まで2年連続でトップだったジェニファー・ローレンスで、2400万ドルだった。

このほか、トップ10にはシャーリーズ・セロン、エマ・ワトソン、メリッサ・マッカーシーらが入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。