最も稼いだ女優は、エマ・ストーンだった

1年間に2600万ドルを稼ぎ出した

 8月16日、米誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、エマ・ストーンがトップとなった。ロサンゼルスで6月撮影(2017年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 米経済誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」で今年のアカデミー主演女優賞に輝いたエマ・ストーン(28)がトップとなった。

フォーブスの推計によると、ストーンは2016年6月からの1年間に2600万ドル(約28億5000万円)を稼ぎ出したという。

2位はジェニファー・アニストンで2550万ドル。人気ドラマ「フレンズ」の再放送による収入などが寄与した。3位は昨年まで2年連続でトップだったジェニファー・ローレンスで、2400万ドルだった。

このほか、トップ10にはシャーリーズ・セロン、エマ・ワトソン、メリッサ・マッカーシーらが入った。

関連記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。