「打ち上げ花火~」が追求するアニメの表現力

新房総監督&東宝・川村Pが語る実写版との差

――もともと45分のストーリーを、90分近くある1本の作品にする、ということに関してはいかがでしたか?

新房:まずわれわれは、アニメ的な飛躍する世界を描き出すのか、原作に忠実になぞったものを描き出すのか、どちらにするのかを考えた。でも大根さんの脚本の第一稿を読んで、原作寄りにいく方針を固めました。

――物語としてはいかがでしたか?

新房:原作には少年向けのジュブナイルSFのにおいがあるなと思いました。僕は(1970年代から1980年代にかけてNHKで放送されていた)少年ドラマシリーズなどをよく観ていましたし、ジュブナイルが好きなんで。その流れに入りたいと思いましたね。

ヒロイン・なずなの扱いを最も重視した

1993年に放映された「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」では、なずな役を奥菜恵が演じた。制作スタッフは、実写版の彼女をかなり意識したという ©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

――それにはうってつけの題材だった。

新房:でもそれは、やっているうちに気づいたという感じですね。最初は青春もののイメージというか、女の子を美少女にしなければと思っていたのですが、脚本の打ち合わせをしていくうちに、これはSFジュブナイルだなと思うようになった。今回は僕たちがやりましたけど、いつ日かまた違う人が「打ち上げ花火~」をやってもいいのではないかと、思っています。

――それこそ「時をかける少女」にいろんなバージョンがあるように。

新房:そうです。いろんな時代のifというか、作品があってもいいんじゃないかなと思うようになりましたね。

――原作ドラマをアニメ化するにあたり、大事にしようと思った点は?

新房:やはりヒロインのなずなをどう扱うか。なずながかわいくなければ始まらない。そこに尽きます。映画を観たときに、なずなが変なキャラだったら、この作品は絶対にダメになると思いました。

――手応えとしてはいかがですか?

新房:観た方が皆さん、「なずながエロい」と言ってくれたんで、手応えはありますね(笑)。キャラクターを立たせることができているので、ものすごくいけるなという気がしています。

川村:菅田(将暉)君も記者会見で、「なずなはエロいです」と、繰り返し言っていましたからね(笑)。

新房:そこは一致してますね。

――なずなには、大人でもない、子どもでもない。中学生とは思えない不思議な存在感があります。

川村:実写では、ヒロインを演じた奥菜恵という存在が大きかった。そこに対してどういう画でそこに立ち向かうかということをやっていくうちに、どんどん色気が出てきたというか、すごいものになっていった。もちろん渡辺明夫さんのキャラクターデザインがよかったんですが、アニメーターたちがみんな原作ドラマを好きでいてくれたので、アニメーターの描く絵がどんどん盛られていったというところがあります。

次ページ奥菜恵さんの存在感はすごかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。