「打ち上げ花火~」が追求するアニメの表現力

新房総監督&東宝・川村Pが語る実写版との差

――もともと45分のストーリーを、90分近くある1本の作品にする、ということに関してはいかがでしたか?

新房:まずわれわれは、アニメ的な飛躍する世界を描き出すのか、原作に忠実になぞったものを描き出すのか、どちらにするのかを考えた。でも大根さんの脚本の第一稿を読んで、原作寄りにいく方針を固めました。

――物語としてはいかがでしたか?

新房:原作には少年向けのジュブナイルSFのにおいがあるなと思いました。僕は(1970年代から1980年代にかけてNHKで放送されていた)少年ドラマシリーズなどをよく観ていましたし、ジュブナイルが好きなんで。その流れに入りたいと思いましたね。

ヒロイン・なずなの扱いを最も重視した

1993年に放映された「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」では、なずな役を奥菜恵が演じた。制作スタッフは、実写版の彼女をかなり意識したという ©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

――それにはうってつけの題材だった。

新房:でもそれは、やっているうちに気づいたという感じですね。最初は青春もののイメージというか、女の子を美少女にしなければと思っていたのですが、脚本の打ち合わせをしていくうちに、これはSFジュブナイルだなと思うようになった。今回は僕たちがやりましたけど、いつ日かまた違う人が「打ち上げ花火~」をやってもいいのではないかと、思っています。

――それこそ「時をかける少女」にいろんなバージョンがあるように。

新房:そうです。いろんな時代のifというか、作品があってもいいんじゃないかなと思うようになりましたね。

――原作ドラマをアニメ化するにあたり、大事にしようと思った点は?

新房:やはりヒロインのなずなをどう扱うか。なずながかわいくなければ始まらない。そこに尽きます。映画を観たときに、なずなが変なキャラだったら、この作品は絶対にダメになると思いました。

――手応えとしてはいかがですか?

新房:観た方が皆さん、「なずながエロい」と言ってくれたんで、手応えはありますね(笑)。キャラクターを立たせることができているので、ものすごくいけるなという気がしています。

川村:菅田(将暉)君も記者会見で、「なずなはエロいです」と、繰り返し言っていましたからね(笑)。

新房:そこは一致してますね。

――なずなには、大人でもない、子どもでもない。中学生とは思えない不思議な存在感があります。

川村:実写では、ヒロインを演じた奥菜恵という存在が大きかった。そこに対してどういう画でそこに立ち向かうかということをやっていくうちに、どんどん色気が出てきたというか、すごいものになっていった。もちろん渡辺明夫さんのキャラクターデザインがよかったんですが、アニメーターたちがみんな原作ドラマを好きでいてくれたので、アニメーターの描く絵がどんどん盛られていったというところがあります。

次ページ奥菜恵さんの存在感はすごかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT