2世タレントがテレビでやたらと目立つ理由

使い勝手のいい存在に頼る現場の事情

よい部分を受け継いでいてもいなくても興味をそそります(写真:xiangtao / PIXTA)

「2世タレント」増加に歯止めがかからなくなっている

「このパッとしない感じのタレント、誰?……ああ、○○さんの子どもか」

テレビを見てそう思ったことがある人も少なくないだろう。最近のテレビでは、親が芸能人であるタレント、いわゆる「2世タレント」がやたらと目につく。2世タレントというものは以前から存在していたのだが、特にここ数年はその人数が飛躍的に増えていて、増加傾向に歯止めがかからなくなっている気がする。

そもそも「2世タレント」という単語にはネガティブな印象が付きまとう。「突出した才能があるわけでもないのに、親が芸能人であるというだけでテレビに出ている人」というのが一般的なイメージだろう。

実際、2世タレントの中にはトラブルを起こして問題になる人も多い。最近だけでも、覚醒剤所持容疑で逮捕された橋爪遼、強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太、恐喝未遂容疑で逮捕された坂口杏里、違法賭博店への出入りが報じられて謹慎した清水良太郎など、枚挙に暇がない。

ひと昔前のテレビでは、2世タレントは自分が「2世」として色眼鏡で見られていることを自覚したうえで、あえて自分からそれをネタにするようなところもあった。東八郎の息子であるTake2の東貴博は、育ちのよさを鼻にかけて1万円札で汗をふくという定番ネタを持っていた。2世が2世であることをそれなりに意識していたのだ。

ところが、最近のバラエティ番組では、2世タレントたちが妙に堂々としている。ルックスのよさ、面白さ、頭の回転の速さなどの特別な加点要素を持ち合わせていないように見える2世タレントですら、バラエティ番組で当たり前のように雛壇に座っていたりする。視聴者の誰も積極的に求めているようには思えないのに、その勢力は拡大の一途をたどっている。2世タレントがこれほど増えたのはなぜだろうか?

次ページ最大の理由とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT