大変化時代は「先着順」という採用も有効だ

経営者の"好み"で採用する会社は負ける

このように個性をもった人がたくさんいる会社は「強い」といえます。周囲の状況が変われば、それまでは光っていなかった人材が、極めて重要な人材となるかもしれないのです。急激な時代の変化とはそういうものです。

これからは、多種多様な人材を「今の基準」で考えてはいけません。「未知の遭遇」に備え、あえて変人、奇人の若者を集めたほうが、企業の将来にとってプラスになるのではないかと思います。

もちろん、「人間性」ということは当然の前提にはなりますが、それも最小限にとどめておく。そのような百花繚乱、多種多様、変人奇人の集団を、これからの企業は目指すべきではないかと思います。それが「超高速・超複雑な時代」「突然に変化する時代」「明日の風景がまったく予測できない時代」の人材採用の前提です。

今の自分の好みで採用してはいけない

今の基準で人材を判断しないこと、自分の好みや価値基準で人材をそろえないことが重要です。極端に言えば、むしろ、よほどの異常者でなければ、自分と異なった、自分好みではない人材を、あえて採用するべきかもしれません。

これからの時代は、さまざまな奇人変人を採用し、いざというときの人材としてプールできる企業が強い企業の条件になるかもしれません。また今、抱えている人材も、今、役に立たないから不要とするのではなく、いつか役に立つかもしれない人材として見ていくべきでしょう。経営者は、長期的な観点から、いつ、いかなる事態でも対応できるようにするべきでしょう。

会社を、青一色の集団、赤一色の集団にしていては、超高速・超複雑な時代に生き残っていくことは不可能です。いかなる変化にも即応できる経営、状況が一変しても直ちに即応できる人材の準備。その心掛けがなければこれからの経営者とは失格なのです。そういう観点からすれば、ある程度の人間性があれば、「先着順採用」をしてもいいのではないか。さまざまな人材を普段からプールしている会社が、これからの時代、生き残っていくだろうと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT