全米プロ、松山が64でメジャー初制覇近づく

暫定で首位タイに浮上する好位置

 8月11日、男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権の第2ラウンド、15位から出た松山英樹は64で回り、通算8アンダーの134で暫定首位タイに浮上した(2017年 ロイター/Michael Madrid-USA TODAY Sports)

[シャーロット(米ノースカロライナ州) 11日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は11日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で第2ラウンドを行い、悪天候の影響による中断があったため、日没サスペンデッドとなった。15位から出た松山英樹は64で回り、通算8アンダーの134で暫定首位タイに浮上した。

ケビン・キズナー(米国)が2日連続の67で松山と並び、ジェーソン・デー(オーストラリア)が2打差につけた。

有力候補とされていたロリー・マキロイ(英国)は通算2オーバー、ジョーダン・スピース(米国)は通算3オーバー。

25位から出た谷原秀人と小平智はスコアを崩し、谷原が通算4オーバー、小平は通算5オーバー。池田勇太は通算9オーバーで予選通過が厳しくなった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。