全米プロ、松山が64でメジャー初制覇近づく

暫定で首位タイに浮上する好位置

 8月11日、男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権の第2ラウンド、15位から出た松山英樹は64で回り、通算8アンダーの134で暫定首位タイに浮上した(2017年 ロイター/Michael Madrid-USA TODAY Sports)

[シャーロット(米ノースカロライナ州) 11日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は11日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で第2ラウンドを行い、悪天候の影響による中断があったため、日没サスペンデッドとなった。15位から出た松山英樹は64で回り、通算8アンダーの134で暫定首位タイに浮上した。

ケビン・キズナー(米国)が2日連続の67で松山と並び、ジェーソン・デー(オーストラリア)が2打差につけた。

有力候補とされていたロリー・マキロイ(英国)は通算2オーバー、ジョーダン・スピース(米国)は通算3オーバー。

25位から出た谷原秀人と小平智はスコアを崩し、谷原が通算4オーバー、小平は通算5オーバー。池田勇太は通算9オーバーで予選通過が厳しくなった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT