全米プロ、松山が64でメジャー初制覇近づく

暫定で首位タイに浮上する好位置

 8月11日、男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権の第2ラウンド、15位から出た松山英樹は64で回り、通算8アンダーの134で暫定首位タイに浮上した(2017年 ロイター/Michael Madrid-USA TODAY Sports)

[シャーロット(米ノースカロライナ州) 11日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は11日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で第2ラウンドを行い、悪天候の影響による中断があったため、日没サスペンデッドとなった。15位から出た松山英樹は64で回り、通算8アンダーの134で暫定首位タイに浮上した。

ケビン・キズナー(米国)が2日連続の67で松山と並び、ジェーソン・デー(オーストラリア)が2打差につけた。

有力候補とされていたロリー・マキロイ(英国)は通算2オーバー、ジョーダン・スピース(米国)は通算3オーバー。

25位から出た谷原秀人と小平智はスコアを崩し、谷原が通算4オーバー、小平は通算5オーバー。池田勇太は通算9オーバーで予選通過が厳しくなった。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。