ケニア大統領選、野党候補は開票結果を否定

支持者による抗議活動が広がる恐れ

 8月9日、8日に投票が行われたケニア大統領選について、選挙管理委員会は、現時点で現職のケニヤッタ大統領がリードしていると発表した。写真は投票するマサイ族の女性。ケニヤのキサミスで8日撮影(2017年 ロイター/Thomas Mukoya)

[ナイロビ 9日 ロイター] - 8日に投票が行われたケニア大統領選について、選挙管理委員会は9日、現時点で現職のケニヤッタ大統領がリードしていると発表した。ただ、対立候補のオディンガ元首相の陣営は開票結果を「虚偽」として否定しており、暴動につながる可能性が懸念されている。

選管のウェブサイトによると、4分の3近くの投票所が結果報告を済ませた現地時間午前3時(日本時間午前9時)時点で、ケニヤッタ氏が55%の票を獲得し、オディンガ氏(44%)をリードしている。

オディンガ氏は記者会見でこの結果を「偽り」として否定、独自の集計では自身が大幅にリードしていると主張した。

今回の選挙戦では、7月末に選管当局者が拷問を受け、殺害されているのが見つかっており、オディンガ氏はこの事件と不正選挙に関連があるとの見方も示した。

オディンガ氏の発言を受けて支持者による抗議活動が広がる恐れがある。同氏が2007年の大統領選に敗れ、不正を指摘した際には、暴動で約1200人が死亡した。

関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。