「フォーミュラE」にドイツ勢が参戦したワケ

モントリオールを取材してわかったこと

肝心のレースの話をしよう。

ミシュラン・マンも登場(筆者撮影)

モントリオールは7月29日、30日の連続で第11戦と最終第12戦が開かれた。第10戦を終了した時点ではドライバーズポイントでルノー・e.ダムスのブエミが首位、これをABT・シェフラー・アウディ・スポーツのルーカス・ディ・グラッシが追う展開だった。

前シーズン、チャンピオンで「このまま逃げ切りか」と思われていたブエミが、テスト走行でクラッシュ。ペナルティを食らって決勝は12番手からのスタートになった。

ポールポジションからスタートしたディ・グラッシは順調に重ね、そのままゴール。ブエミは猛追したが4位に終わり、6ポイントの僅差でディ・グラッシが首位に立った。フォーミュラEは優勝が25ポイント、2位は18ポイントなので、最終戦で勝ったほうがチャンピオンになる。

自動車産業の未来を暗示する結末?

その夜、衝撃的なニュースが流れる。クラッシュ後、突貫作業で修理したブエミの車が重量不足だったことが判明し、失格となったのだ。ポイント差は18点に開いた。ブエミが最終戦で優勝してもディ・グラッシが6位以内に入ればディ・グラッシがチャンピオンだ。

最終戦で優勝争いを演じたインドのマヒンドラ(筆者撮影)

30日の最終戦。ポールポジションを獲得したのはマヒンドラ(インド)のフェリックス・ローゼンクヴィスト。2番手にはテチーター(中国)のジャン=エリック・ベルニュがつけた。

最終戦を引っ張ったマヒンドラのフェリックス・ローゼンクヴィスト(筆者撮影)

ディ・グラッシは6番手からのスタート、逆転に向け力が入ったブエミは11番手からの苦しいスタートになった。ブエミは11位のままで終わり、手堅く7位でフィニッシュしたディ・グラッシが年間チャンピオンに輝いた。

35周目にチェッカーフラッグを受けたのはベルジーヌ、これにローゼンクヴィストが続き、中国、インドのチームが1位、2位を占めた。自動車産業の未来を暗示する結末といえる。

ここに自動車王国、日本の自動車メーカーがいないのは寂しい。日本開催のフォーミュラEで日本チームのシャンパンファイトを見てみたい。そう思うのは私だけだろうか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT