「フォーミュラE」にドイツ勢が参戦したワケ

モントリオールを取材してわかったこと

だからこそ、というべきだろう。ドイツ勢はハイブリッドからEVに土俵を変えることで、プリウスの牙城を崩そうとしている。そのためのフォーミュラE参戦である。

パナソニックはジャガーと組んでいる(筆者撮影)

現在、フォーミュラEに参加しているのは10チーム。大手自動車メーカーで企業本体が参加しているのはフランスのプジョー・シトロエンとルノー、インドのタタ・モーターズ傘下のジャガーの3社。アウディは「アウディ・スポーツ」というモータースポーツ子会社が参加しているが、本体は参加していない。残りは中国のネクストEV、テチーター、インドのマヒンドラ、米国のファラデー・フューチャーといったEVベンチャーだ。

ドイツの4大ブランドがフォーミュラEにそろい踏み

「ようこそメルセデス、ようこそポルシェ」

フォーミュラE参戦を表明したメルセデス、ポルシェを歓迎する横断幕(筆者撮影)

レースの前日、コースを歩くと、こんな横断幕がかかっていた。ポルシェとメルセデスの参戦は2019年開幕の第6シーズンからだが、ビッグネームの参戦を主催者は大いに歓迎している。すでに参戦を表明したアウディ、BMW を含め、これでドイツの4大ブランドがフォーミュラEにそろい踏みする。

昨年のフォーミュラEチャンピオンで今季も第11戦開幕前の時点でドライバーズポイントでトップに立っていたルノー・e.ダムスのドライバー、セバスチャン・ブエミは、レース前日の記者会見で興奮ぎみに言った。

「(フォーミュラEが始まった)2014年には、こんなに注目されるなんて考えられなかった。すばらしいことだ」

スタンドは満員だ(筆者撮影)

ブエミは2009年から2011年まで自動車レースの最高峰、フォーミュラ1(F1)のドライバーを務め、2012年から世界耐久選手権(WEC)でトヨタのドライバーを務めている実力者。ここ数年は元F1ドライバーのルーカス・ディ・グラッシとのライバル対決でフォーミュラーEを盛り上げている。

ひょっとするとそれほど遠くない将来、われわれは日本でブエミに声援を送っているかもしれない。

次ページその2つの根拠とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT