「夢の高速鉄道」リニア実現への長い道のり

新幹線開業より前に開発スタート

「愛・地球博」で展示されたJR東海のリニア(左)と日本初の浮上式リニア路線「リニモ」の車両(右奥)(筆者撮影)

この夏、ようやく山梨リニア実験線で走行試験中の新型車両「L0(エルゼロ)系」に初乗車の機会を得た。

1997年に山梨リニア実験線がオープンした際の報道公開で、当時の試験車MLX01に乗り込んだことはあるものの、実際の走行体験は今回で初めてである。東海道新幹線が開業したときと同じような興奮を抑えきれず、前日からそわそわしてこの日の朝を迎えた。

一瞬で時速500kmへ

山梨リニア実験線のL0系(筆者撮影)

一通りのレクチャーを終えて、さっそくL0に乗り込む。乗車口は飛行機に乗り込むボーディングブリッジのようで、案内にも「搭乗口」の表示があった。搭乗口に表示された「リニア51号 15時25分 名古屋行」「この列車は全席指定の『リニア号』名古屋行きです」といった案内に、リニア時代到来の実感が湧く。

走り始めると車窓の風景はまず期待できないので、走行の状態が刻々と表示されるモニターをひたすら見つめることになる。時速約160kmでタイヤによる地上走行からいよいよ浮上走行へ。たちまち時速300kmに達し、そこから時速500kmまでの加速はまさに一瞬……という印象だ。

次ページ無人走行で時速517kmを達成
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。