猫に本気で学びたい!「爆睡、快眠する」技術

「眠りの達人」が教える4つのポイントは?

猫に学ぶ快眠法の3つめは「こまめな昼寝」を大切にすることです。

【3】こまめに昼寝、居眠りをする
スイスのレマン湖畔にある町ニヨンで、湖面に日が差したばかりの早朝に猫と出合う。寝足りなかったのか、うたた寝をしているような、あるいは反省しているような、不思議な光景だった。(撮影:新美敬子)

猫はいつでもどこでも寝てしまいます。つねにこまめに昼寝をします。

私たち現代人はつねに寝不足です。みんな忙しいから、夜に十分な睡眠時間が確保できないのは、仕方がないところです。

だったらいっそ猫に倣って昼寝してみませんか?

たとえば眠くて仕方がない昼下がり。睡魔と闘いながら書類仕事と格闘するより、ほんの15分でも昼寝をしたほうが、その後の効率が上がるのではないでしょうか。

オフィスで堂々と居眠りというのはなかなか難しいかもしれませんが、休憩室とか、公園とか、あるいは人けの少ないトイレでもいいと思います。ちょっとでも寝れば、その後はまた元気に働くことができます。

日本人はまじめだから、「居眠りなんていけないことだ」とみんな思い込んでいるけれど、もっと居眠りをポジティブにとらえて、積極的に取り入れてみませんか。

眠れないときは「猫になった」つもりで

『恋する猫さんぽ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)
【4】猫になりきって寝る

前述のように、私もかつては睡眠に悩んでいました。その日も眠れず、ベッドに入り込んできては瞬時に寝落ちする猫をうらやましく見つめていました。

それで気づいたのですが、猫の寝方ってとんでもない格好なんですね。

丸まるのが定番のスタイルですが、バンザイして寝る子もいるし、棒のように一直線に伸びて寝る子もいる。寝姿が自由すぎるんです。

タイでは「北方の薔薇」と呼ばれる美しい町チェンマイ旧市街。蒸し暑かったので一休みしようとカフェに入れば、猫が正体なく寝ていた。風の通り道となるこの席が、看板猫のお気に入りの場所(撮影:新美敬子)

それにひきかえ私たち人間の寝方のバリエーションの貧相なこと……。仰向けか横向きか、ちょい変わったところでせいぜいうつぶせです。

バンザイスタイルでもいいし、思い切ってガニ股とか、大の字とか、もっといろいろ寝方があってもいいはず。

恥ずかしいとか、お行儀が悪いとか、一切の制限を取っ払って試してみましょう。案外、ぴたっとくる寝方があるかもしれませんよ。

私自身は猫に倣って、ずっと丸まって寝ています。枕は猫にとられているので(枕の上がお気に入りの子がいる)、仕方なく猫になったつもりで丸まってみたら、なんだかとても心地よくて寝やすいことがわかったのです。

みなさんも猫になりきって、のびのびと自由なスタイルで……、おやすみなさい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。