汚部屋がスッキリ!親の家を片づける技術

ミニマリストが実践した「BEFORE・AFTER」

親と一緒にゴールを考えるときは、とにかく、言葉の定義をあいまいにしないことが大切です。「お父さん、お母さんが安全に暮らせる家にする」。これだけだとNG。安全といっても人によって考えていることが違うので、どこまで片付けるかがはっきりしていません。「お父さん、お母さんが安全に暮らせる家にするために、玄関の床には何も置かない」。こうすれば、何をすべきかが明確になります。

片付けの「終わり」も明確になる

ゴールが具体的であればあるほど、親子がお互いに「あれができていない」「これができていない」とイライラすることもなくなります。「床には何も置かない」がゴールであれば、棚が片付いていなかったとしても、大目に見てしまっていい。やるべきこととやらなくていいことの線引きができるので、片付けの「終わり」も明確になります。

わが家の場合も、事前にゴールを決めたことによって、共通のイメージをもって片付けを進めることができました。祖父が亡くなってから2年間放置されていた部屋もキレイになり、今ではその部屋に、義母が暮らしています。また、モノがあふれていた庭も片付き、バーベキューができるようになりました。

(写真提供:KADOKAWA)
(写真提供:KADOKAWA)

【原則③】「モノごと」ではなく「部屋ごと」に片付ける

私はこれまでに自分の家の引っ越しをするときなどは、書類は書類、服は服という感じで「モノごと」に片付けをしていました。今も自分の家を片付けるときは、このやり方がいちばん合理的だと思います。しかし、親の家の場合には、「モノごと」の片付けは向いていません。「部屋ごと」に片付ける理由は2つ。

・親の家は、生活に無理が生じないようにしながら片付けなければならないから
・親の「安全、健康」を考えると、玄関、トイレのような生活動線の確保が必須だから
次ページ親の「安全、健康」を第一に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT