2020年の夏季五輪は、東京で決まり?

吉崎 達彦が読む、ちょっと先のマーケット

さて、カジノの夢ではなく、週末の競馬を考えてみよう。

週末は3つのGⅢレースが予定されている。その中でも、新潟2歳ステークス、キーンランドカップではなく、敢えて24日(土曜日)のエルムステークスに着眼したい。というのも、最近は土曜日のテレビ東京「ウイニング競馬」がお気に入りなのである。

植田アナに萌えつつ?エーシンモアオバーへ

いつも「モーニングサテライト」でお世話になっているテレビ東京の植田萌子アナが、この春から「ウイニング競馬」の担当になった。月曜、火曜が早朝のマーケット番組で、土曜日が競馬中継とは、テレ東も入社3年目に無茶をさせるなあ、と思いつつ見ているのだが、賑やかなお笑い芸人やお馴染みの原良馬さんなどを相手に、自然体で番組を仕切っているので面白い。

特に、ジャンポケ斉藤氏とキャプテン渡辺氏による全然当たらない予想への容赦ない突っ込みは、ネット上では「ドS」の呼び声もある。「マーケットと競馬を無理やり結びつける企画」である当コラムとしては、「モーサテとウイニング競馬」を両立させている彼女に心からエールを送りたい。

ということで、エルムSでの筆者の狙い目はエーシンモアオバー。これまでエルムSでは3着―3着―4着と、あと一歩なのだが、それは札幌開催だったから。函館開催の今年はチャンスありと見たい。函館ダート1700メートルでは、過去5走して3勝を挙げている。7歳馬なので人気的には死角だが、このまま当日まで人気薄ならジャンポケ斉藤氏のように渋く複勝かワイドで。そうでなかったら、キャプテン渡辺氏のように薄めの馬に大胆に流してみたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。