徹底比較「JR・私鉄の距離別運賃」ランキング 全体に西高東低、意外と安い鉄道会社もある!

印刷
A
A

距離が長くなると高くなるという傾向を少しでも改善するために、JRは特定区間について特定運賃を定めている。ほかの鉄道事業者と競合する区間において設定されるケースが目立つ。

関西は大阪―京都間、大阪―神戸間という大動脈がJRと私鉄で競合関係にある。たとえば大阪―京都間。阪急の梅田―河原町間は400円、京阪の淀屋橋―三条間は410円であるのに対し、JRの大阪―京都間は本来の距離で見ると710円とかなり割高なのだが、560円の特定運賃を設定している。

同様に大阪―神戸間は阪急と阪神の梅田―神戸三宮間がどちらも320円だが、JRは本来550円のところ、410円の特定運賃を設定している。

関東でも競合区間はある。たとえばJRと京王が競合する新宿―高尾間。京王は360円。JRは本来なら712円だが、特定区間として550円に設定している。

また、JRと京急が競合する品川―横浜間は京急が298円。JRは本来なら388円だが288円と、京急よりも割安に設定している。実は京急も距離でいえば308円なのだが、10円安い特定運賃を設定。両者が特定運賃で客を奪い合う構図だ。

苦境が続く地方路線の運賃は?

ここまでは大都市圏における運賃の高低を競ってきたが、人口の少ないエリアはどうか。

たとえば、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で有名な三陸鉄道を例に挙げると、上表のとおりだ。

初乗り運賃は大都市圏と遜色ないが、距離が長くなればなるほど、大都市圏との運賃格差は広がる。ローカル線はこれだけ運賃を高くしても赤字なのだ。

一方、経営が厳しいJR北海道の地方交通線の運賃はどうか。

30~40kmは割高だが、初乗り~10kmの運賃は大都市圏の運賃と大差ないことに驚かされる。乗客が少なければ焼け石に水かもしれないが、運賃引き上げを検討してもいいかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT