ダイキンがエアコンを「売り逃さない」秘訣 4~6月は2ケタ増、猛暑で上乗せの期待

拡大
縮小

ダイキンは国内向け家庭用エアコンの大半を滋賀製作所(滋賀県草津市)で生産する。ここでは1978年からトヨタ生産方式を導入し、地道なカイゼン活動を重ねてきた。

1つのラインで多種の製品を生産する”1個流し生産”を実現(記者撮影)

早くも1981年には、1つのラインで多種の製品を生産する“1個流し生産”を実現し、柔軟な生産体制を構築した。

ネジを入れたケースの位置を数センチ見直すといった細かな工夫により、コンマ1秒単位で作業時間を削る。サプライチェーン全体の最適化を図るため、海外調達だった部品を国内調達に切り替えたり、部品納入の多頻度化も進めてきた。部品置き場のレイアウト見直しなども常に行っている。

こうした取り組みによって、最量販モデルの生産リードタイム(工場で原材料を投入してから製品が完成するまでの期間)は、2003年度の68時間から2016年度には4時間まで短縮した。その結果、需要変動に合わせて生産量を調整しやすくなった。商戦のまっただ中で追加注文が入っても、量販モデルなら3日、他の製品でも4~5日で出荷できるようになったという。

M&A巧者を支える「マザー工場」

ダイキンにとってもはや国内の比重は高くはない。売上高に占める海外比率は75%に達する。7期連続増益の源泉も海外の成長にある。では、国内の意味がないかというとそんなことはない。

地道なカイゼン活動は、海外工場の競争力引き上げにつながる(記者撮影)

ダイキンはM&A巧者として知られる。1994年以降、実施したM&Aは27件。うち25件が海外だ。その中には2006年のマレーシアのOYLグループ、2012年の米国大手のグッドマンなどの大型案件が含まれる。

東芝やLIXILなど海外M&Aで大やけどをする日本企業が少なくない中で、ダイキンの順調なPMI(買収後の統合作業)を支えるのは、滋賀製作所に代表されるモノ作り力にある。

空調の生産拠点は世界中に80以上あるが、滋賀製作所は家庭用のマザー工場の役割を果たす。その技術を移管して買収先の工場の競争力を引き上げてきた。

今年5月に米国テキサスで本格稼働したグッドマンの新工場は、滋賀製作所で磨き上げた生産技術を標準化し、生産工程ごとに設備をモジュール化した“モジュールライン”を初めて導入した。今後は滋賀製作所にモジュールラインを逆輸入、インド、ベトナムの新工場でも順次展開していく。

猛暑でも売り逃さないモノ作り力。それが同社の巧みな海外展開につながっているのだ。

山田 雄大 東洋経済 コラムニスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

やまだ たけひろ / Takehiro Yamada

1971年生まれ。1994年、上智大学経済学部卒、東洋経済新報社入社。『週刊東洋経済』編集部に在籍したこともあるが、記者生活の大半は業界担当の現場記者。情報通信やインターネット、電機、自動車、鉄鋼業界などを担当。日本証券アナリスト協会検定会員。2006年には同期の山田雄一郎記者との共著『トリックスター 「村上ファンド」4444億円の闇』(東洋経済新報社)を著す。社内に山田姓が多いため「たけひろ」ではなく「ゆうだい」と呼ばれる。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT