東京の銭湯で今、密かに起きている「革命」

銭湯建築家、今井健太郎が語る銭湯の強み

設備面の話をすると、ボイラーの設備自体は昔に比べて非常にコンパクトなものが現在はありますが、その分の敷地を確保できるようになったかと言うと、そうでもない。昔は職人さんが非常に入り組んで圧縮的な、本人にしか分からないような配管を組んでいたのですが、今はメンテナンスがしやすいように配管のスペースを広めにとっているので、スペース的にはプラマイゼロといったところです。

一方で、銭湯の利用者数が減ったことから、カランの数は昔よりも減らして、一人あたりのスペースにゆとりを持たせる、ということは可能になりましたね」。

建築士として初めて銭湯を手がけたのは2001年。当時、今井が業界誌の『1010』で連載していた「夢銭湯」という記事を見た五反野の大平湯のオーナーが、オファーをくれた。それから現在まで、手がけた銭湯の数は15軒。大蔵湯のようなミニマルな空間に仕上げたものもあれば、「夢銭湯」で描いていたユニークなアイデアが盛り込まれたケースもある。それぞれの案件に対して、どう向き合ってきたのか。

リニューアルしたってどうせすぐ飽きられるだろう、と

「地域に合わせたかたちや、色合い、雰囲気、さらにはそのお店の歴史までをもひっくるめて、個性が出るようにということは意識しながら、オーナーさんの意見もミックスした上で提案する、という進め方です。改修依頼のタイミングとしては、老朽化というケースもちろん多いですが、世代代わりで引き継いだオーナーさんから依頼をいただくという場合も多いです」。

提案を固める際には、まず店側と「現状認識」「将来のビジョン」「独自性」の3つの視点を共有し、そこからコンセプトを設定する。

「今どういった施設、設備が人気であるとか、温浴の歴史についてプレゼンテーションするのが『現状認識』です。これは、オーナーさんに現状の銭湯・温浴業界や類似の業界にまつわる現状を俯瞰(ふかん)してもらうための工程です。これは社会的なことなので、どの物件でも同じ。

下町の老舗銭湯、御谷湯さんのある場所は葛飾北斎生誕の地(写真:タイムアウト東京)

『将来のビジョン』は、オーナーさんの考えを引き出すためのものです。例えば御谷湯さんだったら、銭湯を通じた福祉活動をやりたいというビジョンをもともと持っていた。自前のビジョンがないケースでは、私から案をぶつけて、何かしらを紡ぎ出していく。先の大蔵湯はまさにそれが形になった例ですね。

『独自性』は、お店の個性となるような要素。例えば御谷湯さんのある場所は葛飾北斎生誕の地だったので、ペンキ絵は絵師さんにお願いをして浮世絵を描いてもらったりですとか。

次ページ注目が集まってきている理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT