原料高に追い打ちか 新日鉄で大規模火災

原料高に追い打ちか 新日鉄で大規模火災

7月29日早朝、新日本製鉄の八幡製鉄所で大規模な火災が発生した。

コークス炉に石炭を運ぶためのベルトコンベヤーが何らかの原因で燃え落ち、コークス炉から出る可燃性ガスの配管を破損して引火。黒煙を伴って、一気に炎上した。

幸い人的被害はゼロ。生産設備への影響も軽微で、翌30日には鉄鋼生産を再開した。操業停止が1日で収まったため、減産は1万トン程度。製品在庫を30万トンほど抱えるため、供給面への当面の影響は最小限にとどまる見込みだ。

しかし、問題も残る。火災を起こした炉のコークス生産能力は月8万トン。当然ながら、事故原因の究明とそれに伴う対策が完了しないかぎり、操業再開のメドは立たない。

八幡には現在、1週間分(3万トン)のコークス在庫があるが、これを使い切ってしまうと、他の製鉄所からの移送に頼ることになる。ただ、各所ともフル生産が続き、十分な調達は困難とみられる。

となれば、外部からのスポット調達に手を出さざるをえない。スポット指標である中国産コークス価格は、足元1トン700ドル超。長期契約価格を200ドルも上回る水準だ。

火災2日後、同社は今期の営業利益予想を大きく上方修正した。当初の製品値上げの想定が極端に低かったことが主因だ。ただ、前期との比較では8000億円の販売価格改善に対し、原料価格は1・1兆円の増加。原料高基調に変わりはなく、火災復旧作業が長期化すれば、思わぬ経営圧迫要因になりかねない。

(猪澤顕明 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT