滝沢カレンのヘンテコ日本語が愛される理由

独創的なだけでなく誠実で優しさにあふれる

ハーフタレントとして独自の地位を築く滝沢カレンさんの魅力とは(写真は本人のインスタグラム)

滝沢カレンの活躍が目立っている

テレビの世界には今、多くのハーフタレントがいます。その中でも、特に最近バラエティ番組での活躍が目立っているのが、モデルの滝沢カレンさんです。ウクライナ人の父と日本人との母の間に生まれた滝沢さんは、エキゾチックな魅力をたたえた美女ですが、その見た目からは想像もつかない「ヘンテコな日本語」の使い手として注目されています。

彼女が世に知られる大きなきっかけになったのは、「踊る! さんま御殿!!」で明石家さんまさんにその才能を見いだされたことでした。言葉の一つひとつが、どこかおかしくてズレていることが面白がられたのです。

その後、彼女は、「ヘンテコ日本語」の才能を生かしたナレーターやレポーターの仕事をどんどん増やしていきました。「全力! 脱力タイムズ」では、映像に合わせて言葉を乗せていくナレーターとして珍発言を連発しています。

たとえば、料理人が天ぷらにするために穴子をさばく映像を見ながら、滝沢さんはこんなナレーションを乗せていました。

「くぎをぶっ刺してから、えぐれるようなこのさばきを見せつけます。あっという間に血も涙もないかのように切り裂いていきます」

そのほかにも、明らかに漢字を読み間違えていたり、言葉の意味がズレていたり、予測不能のナレーション芸で、出るたびに爆笑を巻き起こしています。

次ページインスタグラムで公開されている文章も話題に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT