滝沢カレンのヘンテコ日本語が愛される理由

独創的なだけでなく誠実で優しさにあふれる

ハーフタレントとして独自の地位を築く滝沢カレンさんの魅力とは(写真は本人のインスタグラム)

滝沢カレンの活躍が目立っている

テレビの世界には今、多くのハーフタレントがいます。その中でも、特に最近バラエティ番組での活躍が目立っているのが、モデルの滝沢カレンさんです。ウクライナ人の父と日本人との母の間に生まれた滝沢さんは、エキゾチックな魅力をたたえた美女ですが、その見た目からは想像もつかない「ヘンテコな日本語」の使い手として注目されています。

彼女が世に知られる大きなきっかけになったのは、「踊る! さんま御殿!!」で明石家さんまさんにその才能を見いだされたことでした。言葉の一つひとつが、どこかおかしくてズレていることが面白がられたのです。

その後、彼女は、「ヘンテコ日本語」の才能を生かしたナレーターやレポーターの仕事をどんどん増やしていきました。「全力! 脱力タイムズ」では、映像に合わせて言葉を乗せていくナレーターとして珍発言を連発しています。

たとえば、料理人が天ぷらにするために穴子をさばく映像を見ながら、滝沢さんはこんなナレーションを乗せていました。

「くぎをぶっ刺してから、えぐれるようなこのさばきを見せつけます。あっという間に血も涙もないかのように切り裂いていきます」

そのほかにも、明らかに漢字を読み間違えていたり、言葉の意味がズレていたり、予測不能のナレーション芸で、出るたびに爆笑を巻き起こしています。

次ページインスタグラムで公開されている文章も話題に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。