「ホールフーズ」がアマゾンに身売りした事情

熱心なファンも少なくないのに

店舗にもよるが、総菜の種類も圧巻で、サラダや前菜、肉料理や魚料理、すし、カレー、サンドイッチなどが豊富にそろっており、購入した商品を店内で食べるスペースもある。「ホールフーズ・マーケット」や「365エブリデイ・バリュー」といったPB商品も何だかしゃれている。

加えて、どの店舗に行っても、店内はシミ1つないといっていいほどきれいに清掃されているうえ、店員も驚くほど感じが良い(これは米国では珍しいことだ)。ホールフーズに行くのはまるで、高級レストランに行ったり、ブランドバッグを持ったりするような体験になったのだ。

一方、ホールフーズが店舗を増やしていく中で、米国人の意識や暮らし方も変わっていった。都市部の富裕層を中心に健康志向が高まり、多少価格が高くても「健康的で安全な」食品が求められるようになった。こうした人たちをホールフーズは巧みに取り込んできたのである。

とりわけ、「ミレニアルズ」と呼ばれる1980年頃から2000年代に生まれた若い世代にファンが多いのが特徴で、米公共ラジオNPRによると、2016年この世代の24%がホールフーズで買い物をしているという。

アマゾンにもホールフーズファンは少なくないようで、買収に関するシアトル・タイムズの記事では、シアトル市内にあるアマゾン本社社員の多くが、ホールフーズを「愛している」と書いている(ちなみに、この本社からほんの数メートルのところにホールフーズはある)。

7四半期連続で既存店売上高が減っている

そんな「愛されスーパー」が、なぜ身売りをすることになったのか。それは、業績を見れば一目瞭然だ。過去10年間の状況を見てみると、店舗数、売り上げともに右肩上がりで増えている一方で、営業利益は2015年9月期から2年連続で減少。直近の2017年2~4月期も、売上高は前年同期からほぼ横ばいを維持しているが、営業利益は同約30%減っている。既存店売上高に至っては、過去7四半期連続で減り続けている。

背景にあるのは事業環境の変化だ。サンフランシスコやポートランド、ニューヨークなど、ホールフーズが強みを持つ都市部は近年、生活費が凄まじい勢いで上昇している。加えて、ウォルマートやクローガーなど大手や、トレーダー・ジョーズやスプラウト・ファーマーズ・マーケットなど新興のスーパーがこぞって、自然食品やオーガニック食品をより安価で販売を始めた。こうした中、かつてホールフーズで買い物をしていた「ちょっとリッチな中間層」が、トレーダー・ジョーズなどへ流れていったわけだ。

こうした中、2月にはジョン・マッケイ創業者兼CEOが、2017年9月期の収益見通しを引き下げると同時に、長らく掲げてきた「米国で1200店構想」を取り下げた。今後は、よりデータを使った顧客分析を強化するほか、最近始めた安価で小規模なスーパー「365 バイ・ホールフーズ・マーケット」を増やすことで、若年層顧客の開拓に乗り出すなどしている。

次ページ身売りに至ったキッカケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT