児童虐待の背景に「育児資源の不足」がある

家族の機能をもっと社会で担う必要がある

紫原:ただ、親戚縁者がかかわるのと違って、そこには利害関係はないですよね。コミュニティユースワーカーの人たちは、どういうモチベーションで活動に参加されるんですか?

小澤:利害関係がないからこそ、支援する・される、ではなく、一緒に楽しむ、同じ体験を共有する、といった関係をつくりやすいのかもしれません。コミュニティユースワーカーは、一人ひとり動機が違います。自分がひとり親家庭に育つ中で感じた葛藤の中で、もっと家族状況に依存しない環境をつくりたいという方もいれば、臨床心理士を目指しているという学生さんもいたり。スキルも特徴も一人ひとり違っていて、チームで補い合っています。

共通しているのは、目の前の子どものプロでいようとすること。そして、子どもの成長って面白いからこそ、その成長過程にかかわることの大切さや面白さを感じていることではないでしょうか。

いろいろな人の手を借りていける環境づくりが必要

紫原:親以外に、自分の子どもについてそう受け止めてくれる存在があるって、とても心強いことですね。

小澤:人間の長い歴史の中で、子育てというのはつねに共同体の中で行われてきました。今みたいに、親だけが子育てのすべてを担う無理な形は、近代化社会の中で起こってきた最近のことです。

一方で、子どもとの愛着形成には、特定の大人との強いかかわりを必要とする。それなら、お父さんやお母さんはそれ以外のところで、もっといろいろな人の手を借りていけばいいし、私たちは、そうできるような社会を、家族の外側からつくっていかなくてはいけないと思うんです。

紫原:そういう社会になってほしいし、していきたいですね。今日はありがとうございました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。