「フィンテックなのに地銀店舗が増加」のナゾ

来店客は激減、地方銀行はどう生き残るのか

東海地区でも戦いは広がっている。三重県の第一地銀百五銀行は、愛知県への出店を強化、現在すでに19ある支店をさらに最大で6カ店増やし、25店体制とする。

一方、迎え撃つ愛知県の銀行たちも黙ってはいない。今年1月、愛知銀行、中京銀行、名古屋銀行の第二地銀3行は、愛知県と地方創生に関する包括協定を締結、産業振興等を行う。また、隣県の岐阜・三重・静岡にも出店し、貸出を伸ばしている

隣県における平均貸出金利は、愛知県内の1.12%よりはやや高いが、金利の低下速度は県内よりも隣県の方が大きい。対抗上、隣県所在の銀行たちも、金利を下げざるを得なくなっていると思われる。

まさに、仁義なき戦いである。

海外の銀行では閉店ラッシュ

一方、他国では銀行の支店の減少が続いている。フィンテックにみられる技術革新と、低金利・低収益による経費圧縮の流れは先進国共通の悩みである。

特に、日本同様にマイナス金利となっている欧州では、いまや銀行の店舗閉鎖ラッシュである。例えば、フランスのソシエテ・ジェネラルは、2020年までに全支店の20%を閉鎖するという目標を設定している。

金融不安が続くイタリアの銀行はもっとドラスティックだ。第1位のウニクレディトは、2018年までに7000の店舗の1割強に当る800店を、モンテパスキは、2019年までに、約2000の店舗の4分の1に当る500店を閉じる計画だ。比較的財務内容が良い第2位のインテーザでさえ、今後数百の店舗を閉める見通しと最近報じられた。

英国の大手3行(HSBC、RBS、バークレイズ)は、2015、2016年の2年間で1000店舗以上を削減、今後もさらに圧縮する方針としている。あまりにも店舗閉鎖が多いため、英国銀行協会などは、昨年、店舗を閉鎖する前にその影響度を調査しなければならない、というルールを設けたほどだ。

次ページ広域営業の落とし穴
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT