革靴の大敵!「ジメジメ」への正しい対処法

若手注目職人が伝授する「週末靴磨き」の極意

ポイントは、入れるタイミング。帰宅してすぐにシューツリーを入れると、湿気がこもってしまう可能性があるという。そこで翌朝、出かけるときに別の靴を履いたときに、シューツリーを入れるのがベストだとか。

「あとシューツリーの選び方ですが、湿気を吸収してくれる表面コーティングのない木製のものを選びましょう。またバネでテンションを掛けるものがありますが、これはNG。甲に向かって圧力が掛かり、形が崩れてしまいますからね」

起毛素材には、防水スプレーをお忘れなく

さて、革靴の素材は光沢のあるカーフやコードバンばかりではない。スウェードやヌバックといった起毛素材の革もあるけど、日々のお手入れは同じでいいのだろうか。

「馬毛のブラシでホコリを払うことに加えて、欠かせないのが防水スプレーです。出かける直前で構いませんので、定期的にスプレーを吹いてあげてください。特にこれから梅雨の時期ですから、防水力を高める裏ワザもご紹介しましょう。防水スプレーを掛けた後に、ドライヤーで乾かすんです。そうすることでフッ化炭素の結合が高まるんですよ」

次ページ雨でぬれてしまった場合は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング