英ロンドンで車暴走と刃物襲撃で6人死亡

警察はテロと断定

[ロンドン 4日 ロイター] - 英ロンドン中心部のロンドン橋で3日夜、ワゴン車が暴走して歩行者を次々とはねた。また、近くにある食品市場「バラマーケット」でもその後、歩行者やバーにいた人たちがナイフで刺された。

警察によると、少なくとも7人が死亡した。

警察が現場に駆けつけ、犯行グループの3人を射殺した。テロ事件として捜査している。現時点で犯行声明は出ていない。

救急当局によると、30人以上が市内の病院に搬送された。

目撃者によれば、白いワゴン車がロンドン橋で通行人を次々にはねた。また、現場にいたタクシー運転手がBBCに語ったところによると、ワゴン車から3人の男が降りて、大きなナイフで手当たり次第に人々を切りつけた。近くにいた人たちは、バーに逃げ込んだという。

過激派組織イスラム国は3日の朝方、インスタント・メッセンジャーのテレグラムで、ラマダン(断食月)中にトラックやナイフ、銃を使って「十字軍」に対して攻撃を行うよう支持者らに呼び掛けていた。

メイ英首相は4日に緊急治安会議を開く。

トランプ米大統領は「米国としてロンドンと英国のために支援できることは何でもする」とツイッターに投稿した。マクロン仏大統領も「フランスはこれまで以上に英国と協力していく」と投稿した。

関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。