英ロンドンで車暴走と刃物襲撃で6人死亡

警察はテロと断定

[ロンドン 4日 ロイター] - 英ロンドン中心部のロンドン橋で3日夜、ワゴン車が暴走して歩行者を次々とはねた。また、近くにある食品市場「バラマーケット」でもその後、歩行者やバーにいた人たちがナイフで刺された。

警察によると、少なくとも7人が死亡した。

警察が現場に駆けつけ、犯行グループの3人を射殺した。テロ事件として捜査している。現時点で犯行声明は出ていない。

救急当局によると、30人以上が市内の病院に搬送された。

目撃者によれば、白いワゴン車がロンドン橋で通行人を次々にはねた。また、現場にいたタクシー運転手がBBCに語ったところによると、ワゴン車から3人の男が降りて、大きなナイフで手当たり次第に人々を切りつけた。近くにいた人たちは、バーに逃げ込んだという。

過激派組織イスラム国は3日の朝方、インスタント・メッセンジャーのテレグラムで、ラマダン(断食月)中にトラックやナイフ、銃を使って「十字軍」に対して攻撃を行うよう支持者らに呼び掛けていた。

メイ英首相は4日に緊急治安会議を開く。

トランプ米大統領は「米国としてロンドンと英国のために支援できることは何でもする」とツイッターに投稿した。マクロン仏大統領も「フランスはこれまで以上に英国と協力していく」と投稿した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT