フランス国鉄が「TGV」ブランドを捨てる事情

新ブランド「inOui」は定着するのか

その一環として、SNCFでは同社のチケット購入サイト「Voyage-SNCF」を「Oui.sncf」に改名、eコマース経由でより便利な切符の購入や予約、乗車ができるように、利用者向けのIT関連インフラの向上を図る考えだ。

SNCFではこれまで「Voyage-SNCF」などを通じて、事前購入による格安チケットを積極的に販売。乗車日だけでなく列車や座席を指定し、払い戻しできない条件でよりお得な料金を利用者に提供している。

しかも事前に自宅やオフィスでチケットをプリントして持参する、というシステムで、改札の手間なく直接車内に乗り込めるようになっている。割引の仕組みについては、フランス国内のTGVだけでなく、スイス、ベルギーなど周辺国と繋ぐ高速列車(タリス、ユーロスター、TGVリリアなど)にも適用されている。

日本では導入可能か?

SNCFはフランスでの高速鉄道の運営だけでなく、国外への進出も積極的に展開しようとしている。たとえば、英国・ロンドン―バーミンガム間で2026年の開通を目指し準備が進められている高速鉄道「ハイスピード2(HS2)」に対し、SNCF、英国で鉄道・バスの運行を手掛けるステージコーチ、およびヴァージン・グループ傘下ヴァージン・トレインズと共同で、フランチャイズ(営業権)を獲得するための入札に参加する旨を明らかにしている。

TGVという国民が慣れ親しんだ名前を惜しげもなく捨て去り、SNCFは新たな方向へと舵を切った。向かう先は、多様なサービスへの対応だ。一方で、日本では「新幹線」が唯一無比の高速サービスだが、フランスのようにリブランディング化して、価格やサービスの違いでブランド名を分けるといったことが果たしてできるだろうか。

収益性の高い高速列車の運営権独占が崩れる前に、どのような施策を打っていくのか、SNCFのこの先の展開を見守りたい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。