18歳で妊娠した女子高生が学校から受けた罰

キリスト教の相反する2つの価値観

ランクルスの経験は、デリケートな問題を照らし出す。結婚までは純潔を守ることを提唱するキリスト教系学校が、妊娠したティーンエージャーをどう扱うか、という問題だ。

「2つの価値観がぶつかっている」。こう話すのはバージニア大学の社会学者、ブラッド・ウィルコックスだ。彼は結婚と家族についての調査、「ナショナル・マリッジ・プロジェクト」を指揮している。「学校は純潔に対するある種のこだわりを手放さない。同時に、キリスト教グループの多くでは、生命を尊重するために全力を尽くすべきだと考えられている」。

キリスト教の学校が両者のバランスを取るのは非常に難しく、学校によって対応はまちまちだと、キリスト教学校国際協会の理事長、リック・ケンプトンは言う。同協会には米国や諸外国の約3000校が加盟している。

ケンプトンはランクルスについて言う。「彼女は正しい選択をした。しかし学校としては、それを賛美してほかの若い女性たちが『それも良い選択肢なのだ』と思うようになっては困る」。

「クリスチャンとして出直している」

ケンプトンによると、一部の学校は、妊娠した生徒は自宅で過ごすよう求めるという。ランクルスについてもその方法が検討された。学校理事会が議論をしている間、彼女は2日間停学となった。当時、学校理事会は彼女の父親のスコット・ランクルスが率いていた。

銀行のバイスプレジデントであるスコットは、娘についての決定にはかかわらなかった。そして、最終的には娘に対する扱いに怒りを感じ、理事会を離れた。「誰かがルールを破ったら、ルールを破ったそのときに罰を与えるのが普通だ。そうすれば罰は過去のものとなり、また白紙の状態から前に進むことができる。娘の場合は、罰は4カ月後に設定され、そのために彼女のこの1年は台なしになった」。

自宅のベッドの横には超音波写真を額に入れて飾っている(写真: Nate Pesce/The New York Times)

「クリスチャンとして出直している」というランクルスは、両親の力を借りながら自分の子ども(男の子)を育てる予定で、自宅のベッドの横には超音波写真を額に入れて飾っている。

彼女は子どもを「神の恵み」と言うが、子どもの父親については話さなかった。彼はヘリテージ・アカデミーの生徒ではなく、彼と結婚する予定はないという。

次ページ「一瞬だけ」中絶についても考えた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT