日本人が意外と知らない「データ分析」の本質

「スマホで学力が下がる」説を信じていますか

相関と因果を混同すると何がマズいのか。勘違いを犯して恥をかくというだけの話ではない。本当は原因ではないことを原因と取り違えると、ムダな努力に繋がってしまうからである。テレビやスマホが学力低下の原因ではないにもかかわらず、両親が使用を控えるよう一生懸命説得し、監視を続けていたとしたら、労力のムダ以外の何者でもないだろう。

因果関係の実証自体は専門家の領域だが、偽の因果ではないか、と疑う思考法を身につけることは、数字に疎い初心者にでもできる週刊東洋経済は5月29日発売号(6月3日号)で『今から始める データ分析』 を特集。データ分析の必須教養と最新事例を網羅する中で、中室氏がそうした思考法の一つとして提唱しているのが、「もし“原因”となる〇×がなかったら」をイメージすること、だという。

鵜呑みにせずに考えてみると怪しさに気づく

鵜呑みにしたくなる思いを抑えて考えてみる。もし、スマホやテレビを取り上げたとしたら――。子どもたちはテレビゲームや友だちとのショッピングなど、別の遊びに時間を使うかもしれない。スマホ以外の端末でもインターネットに接続することはできてしまう。ならば、原因はスマホとは別のところにあるのではないか。こうした想像が働き、一見もっともらしい“因果”の怪しさに気づくきっかけになるという。

『週刊東洋経済』の会員制サービス「週刊東洋経済プラス」。「東洋経済ID」でログインすると最新号の一部記事を無料で読めます(有料会員に登録すると、全記事を閲覧できます)

IT(情報技術)の賜物か、私たちはデータ氾濫の時代に生きている。入手できるデータはどんどん詳細かつ大量になり、AI(人工知能)によって分析技術は発達し、より手軽にデータ分析が行えるようになってきている。しかし、私たちの頭はその技術進歩についていっているだろうか。

普段の私たちは、批判的な思考をできているつもりでいる。しかし、実際に真実を見抜くのはそう簡単ではないようだ。

AI、ビッグデータ全盛の時代だからこそ、データの誤った使用事例を知った上で、それを適切に読み解き、使いこなす能力が欠かせない。それは今後も機械では置き換えられず、人間の役割として残るものなのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?