35歳で億万長者、米「ハンバーガー姫」の素顔

イン・アンド・アウト・バーガー創業夫妻の孫

イン・アンド・アウト・バーガーの社長、リンジー・スナイダー(写真:Bloomberg/ゲッティイメジーズ)

アメリカのファストフードハンバーガーといえば、安くて速いが、不健康そのものと想像する向きが多いだろう。実際、ほとんどのファストフードハンバーガーは今でもその類で、食べた後に少々の後悔心が残る。

だが、アメリカ住まいの人々が「こういうファストフードもある」と自慢したくなるようなハンバーガーチェーンがある。それがイン・アンド・アウト・バーガー(In-N-Out Burger)だ。今、そのイン・アンド・アウト・バーガーのチェーンを継いでビリオネアになった、リンジー・スナイダーという35歳の女性に注目が集まっている。

米『タイム誌』によると、30歳でイン・アンド・アウトバーガーの株式50%相続したリンジーは、5月5日35歳になった際に残りの50%を相続。イン・アンド・アウトバーガーの起業価値は現在13億ドル(約1450億円)を超えていることから、米国女性で最も若いビリオネアが誕生したというわけである。

創業約70年、「新鮮さ」にこだわり

彼女を詳しく紹介する前に、イン・アンド・アウト・バーガーとはどんなチェーンなのかに触れておこう。

イン・アンド・アウト・バーガーは、地元産の素材や注文後調理する「新鮮さ」を売りにしている(写真:trumanlo via Wikimedia Commons)

カリフォルニア州やテキサス中を中心に展開する同社の創業は1948年。ロサンゼルス郊外で誕生した。当時は珍しいドライブスルーの店舗として建設したのが、リンジーの祖父母であるハリーとエスター・スナイダー夫妻だ。現在は西海岸の州を中心に324件を構えるチェーンに拡大したが、創設当時から変わらないのが、新鮮な食材を利用するというコンセプトだ。

「新鮮」といっても、その意味は深い。すべての食材は500マイル(約800キロメートル)以内の産地から仕入れたもので、ハンバーグもフライドポテトも注文を受けてから調理する。通常のファストフードならば、紙に包まれたハンバーガーや少し前に揚げられたフライドポテトがヒートライトの下で注文を待っていたりするが、そうしたことはイン・アン・アウトでは許されない。イン・アンド・アウトには、電子レンジや冷凍庫もないのだ。

次ページリンジーの波瀾万丈すぎる人生
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT