35歳で億万長者、米「ハンバーガー姫」の素顔

イン・アンド・アウト・バーガー創業夫妻の孫

4度目の結婚は、やはりイン・アンド・アウトの社員で、その夫との間に4人目の子供が生まれた。

たくましく男性遍歴を繰り返す華やかな存在のように見えるが、リンジーの自分に対する評価は決して高くはなかったようだ。1度目の離婚後、薬物中毒に陥った際には、自分は父親と同じような運命をたどって短命に終わるのではないかと恐れたという。2度目の離婚後は、自分の人生は失敗だと思わざるをえなかった。そのためか、金目当てで結婚した3番目の夫が隠れて浮気をしていたときも、自分がこんな目に遭うのは当然の罰とすら考えていたようだ。この夫には精神虐待など、ひどい扱いを受けたという。

リンジー指揮の下で急速に成長

さて、そうして波乱の人生を送る間も、イン・アンド・アウト・バーガーでの彼女の責任はどんどん大きくなっていった。2006年には創業者だった祖母のエスターが逝去し、2010年には社長に就任。少し前まではカリフォルニア州を中心に数州の西海岸地域でのみ展開していたチェーンは、リンジーの指揮の下、オレゴン州やテキサス州にも拡大。売り上げは57%伸び、現在の年商は8億7000万ドルと見られている。

不安定で孤独を感じていたリンジーを救ったのは、キリスト教徒としての目覚めだ。神を信じることで心のすき間が埋まり、1人でいることも恐れなくなったと、彼女は語っている。自分と自分の使命に対する意識も改めた。これだけの波乱を経て、ようやくイン・アンド・アウト・バーガーの経営者としての準備が整ったのだ。

やや高めだけれども、新鮮で安全なファストフードハンバーガーであるイン・アンド・アウトは、景気低迷時でも順調に売り上げを伸ばしていたことで知られる。安くても惨めな気持ちにさせないファストフードは、まさに人々が求めていたものなのだ。そこには、儲けを上げるだけではなく、いい食事を提供したいという創業以来の同社の信念がこもっていると言ってもいいだろう。

イン・アンド・アウト・バーガーは決して他社に売却もしないし、IPOとして公開企業にする気もないと、リンジーは語っている。そんなことをするのはカネが目的だからだろうが、私はそうでないと彼女は言う。波瀾万丈の人生を送ってきたリンジーが率いるイン・アンド・アウト・バーガーは今後どう発展していくのだろうか。ちなみに、4度目の結婚を果たしたリンジーの結婚は今も続いており、お城のような豪邸に住んでいるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。