刑法入門 山口 厚 著

刑法入門 山口 厚 著

裁判員制度が来年スタートする前に、刑法の基礎を知る。

犯罪とは、「法律によって禁止され、その違反に対して刑罰が科される行為」だが、犯罪成立の要件はその解釈の仕方によって異なることが多く、事実を条文に当てはめれば終わるほど単純ではない。

殺人を例にとると、犯罪としては【1】犯人行為(作為、不作為)、【2】被害結果、【3】因果関係(事実的、法的)、【4】犯罪意思(故意、過失)の4要素で成り立ち、また、違法性阻却事由(責任を負う能力なし、正当な行為、正当防衛)などによって、犯罪の成立の否定、適用刑罰の軽減もされる。

法律における犯罪の定義、刑罰の内容、手続き、その意義、刑法の成り立ちなどを刑法学の第一人者が解説。

岩波新書 777円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。