愛国者の流儀 ビル・トッテン 著

愛国者の流儀 ビル・トッテン 著

元アメリカ人による痛烈な祖国批判の書、いや日本人社長による日本批判の書というべきか。35年前、パッケージソフトの販売会社アシストを立ち上げた著者は、日本国籍を2年前に取得。イラク戦争を機にアメリカの土は2度と踏まない決意をしたという。

戦後の日本人は家族、仲間、国を愛する心を失ってしまった、ビジネスのモラルもまた失った、それはアメリカのマインドコントロールの成功によるものであり、グローバリズムがもたらしたものでもある。こうした主張のもと、日本人にアメリカから独立し、自立し自ら思考せよ、かつての美しい日本を取り戻せ、と熱く訴えかける。

反省もなく世界を間違った方向へ引っ張り続ける祖国に対する絶望と批判、「人間を大事にする」日本へ向けての提言は、日米一体の国家観を疑うことなく保ち続けた日本人としては傾聴すべき点が多い。エコロジストとしての私生活も興味深く紹介されている。(純)

PHP研究所 1260円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT