愛国者の流儀 ビル・トッテン 著

愛国者の流儀 ビル・トッテン 著

元アメリカ人による痛烈な祖国批判の書、いや日本人社長による日本批判の書というべきか。35年前、パッケージソフトの販売会社アシストを立ち上げた著者は、日本国籍を2年前に取得。イラク戦争を機にアメリカの土は2度と踏まない決意をしたという。

戦後の日本人は家族、仲間、国を愛する心を失ってしまった、ビジネスのモラルもまた失った、それはアメリカのマインドコントロールの成功によるものであり、グローバリズムがもたらしたものでもある。こうした主張のもと、日本人にアメリカから独立し、自立し自ら思考せよ、かつての美しい日本を取り戻せ、と熱く訴えかける。

反省もなく世界を間違った方向へ引っ張り続ける祖国に対する絶望と批判、「人間を大事にする」日本へ向けての提言は、日米一体の国家観を疑うことなく保ち続けた日本人としては傾聴すべき点が多い。エコロジストとしての私生活も興味深く紹介されている。(純)

PHP研究所 1260円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT