愛国者の流儀 ビル・トッテン 著

愛国者の流儀 ビル・トッテン 著

元アメリカ人による痛烈な祖国批判の書、いや日本人社長による日本批判の書というべきか。35年前、パッケージソフトの販売会社アシストを立ち上げた著者は、日本国籍を2年前に取得。イラク戦争を機にアメリカの土は2度と踏まない決意をしたという。

戦後の日本人は家族、仲間、国を愛する心を失ってしまった、ビジネスのモラルもまた失った、それはアメリカのマインドコントロールの成功によるものであり、グローバリズムがもたらしたものでもある。こうした主張のもと、日本人にアメリカから独立し、自立し自ら思考せよ、かつての美しい日本を取り戻せ、と熱く訴えかける。

反省もなく世界を間違った方向へ引っ張り続ける祖国に対する絶望と批判、「人間を大事にする」日本へ向けての提言は、日米一体の国家観を疑うことなく保ち続けた日本人としては傾聴すべき点が多い。エコロジストとしての私生活も興味深く紹介されている。(純)

PHP研究所 1260円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。