「ウェブの漫画が紙を食う」時代は終わった

「少年ジャンプ+」などひしめく漫画アプリ

SHIBUYA TSUTAYAのコミック担当、坂間大祐さんは、この1年で、ウェブコミックの勢いが増したと語る。SNS発信で人気に火がついた作品、ピクシブで人気を集めた作品、漫画アプリのオリジナル連載作品。

「最近評判になった、アタモトさんの『タヌキとキツネ』は、ツイッターで発表されたほのぼのキャラクターものですし、ブログ発の『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』は老若男女、幅広い年齢層によく売れました」(坂間さん)

たとえば、comicoなど、ウェブの漫画媒体が複数の版元から単行本を出版するケースもあるため、版元ごとの陳列ではわかりづらいだろうと、1年ほど前からウェブ漫画専用の棚を用意した。

スマホを片手にした客を、売り場でよく見かけるようになった。

「ウェブ上の試し読みや口コミを見て、購入するかどうか決めているようです。表紙買いや、『新しい作品を買ってみよう』という冒険が減っているとしたら、漫画好きとしては少しさびしい気もします」(同)

ネットで知ったおもしろい作品を求めて、書店に足を運ぶ人が増えていると感じる。

「試し読みやバナーを見て、続きが読みたいというお客さまからの問い合わせが増えています。自分たちもウェブをチェックするのが日課になり、『あの作品のバナー、出てたよ』と、書店員同士で情報を共有して、仕入れにつなげています」(同)

書籍の取次会社・日販の情報サイト「ほんのひきだし」編集部の芝原克也さんは現状をこう分析する。

「電子版と単行本の深刻な食い合いが懸念されたのは黎明期だけで、電子版が単行本を牽引する図式が定着しつつあります。

『親なるもの 断崖』という作品が象徴的です。1992年の日本漫画家協会賞優秀賞受賞作で絶版でしたが、電子版のバナー広告から問い合わせが殺到し、復刻版も売れました」

以来、試し読みやバナーのコマ広告で売れるタイトルが目立つ。

「美少女と不細工な女子高生が入れ替わる『宇宙を駆けるよだか』(集英社)は1年半前に完結した作品でしたし、人間が食糧にされるショッキングな内容の『食糧人類』(講談社)はウェブ媒体の連載作品でした」(芝原さん)

旧作に火がつき、埋もれていた作品が売れ出す。デジタルは出し損ではなく、新旧多くの作品に開かれたチャンスだ。

「出版不況のなか、電子版の売り上げもあわせれば、漫画のコンテンツとしての力は衰えていないと感じます」(芝原さん)

持続可能性には疑問が

いっぽう、コミック雑誌は岐路に立たされている。かつては雑誌単体では赤字の媒体も多く、雑誌は単行本の宣伝や作品の発表の場で、単行本で収益を上げるビジネスモデルだった。だが、それがいまは成立しない。

「コミックビーム」(KADOKAWA)編集長の岩井好典さんは言う。

「近年の初刷100万部を超えたヒット作、『聖☆おにいさん』や『進撃の巨人』、『テルマエ・ロマエ』といった作品がどの雑誌に掲載されているか、知る人はほとんどいないでしょう」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。