「年商1億円でも赤字ばかり」の社長5つの特徴

独立を目指す人にも伝えたい「基本中の基本」

本を読んで、そこに書かれていたことをすぐに実行し、自社に取り入れること自体は、よいことでしょう。しかし、本に書いてある言葉の意味を履き違えて、自分に都合よく解釈してしまっていることに気づいたのは、厳しい現実に直面したからでした。

さらに、「おカネ」に関する自己啓発書には、「おカネは後からついてきます」、だから、「目の前のことを一生懸命頑張りましょう」というようなことがよく書いてありました。

僕はそれを信じて、「今は大変だけれど、きっとおカネは後からついてくるはずだ」と自分を叱咤激励し続けました。しかし、結局おカネは後からついてきませんでした。

これも今ならわかるのですが、「会社の数字のことをしっかりと理解したうえで、目の前のこと、たとえばお客様に真摯に向き合えば、おカネは後からついてくるのだ」と。

「儲けパワー」を高めて、幸せに働こう

『「数字」が読めると本当に儲かるんですか? ~数字オンチのための「儲かる会計」が肌感覚でわかる本~』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)
なお5月22日 (月) 19時~著者イベントが開催されます

もしも、あなたが勤めている会社の社長が、またはご自身で事業をしている方が、昔の僕のような状態だとしたら、危険なサインかもしれません。

上記の1~5以外にも、僕はさまざまな失敗を重ねました。そんな会社がいつ潰れてもおかしくない状態で途方に暮れるなか、僕はある日、ひょんなことからスゴ腕の税理士さんと出会いました。

その出会いがきっかけで、「年商1億円でも赤字」の状態を抜けることができ、その後はずっと黒字を継続できるようになりました

その税理士さんは、「利益がいくら残ったかが大切なのであって、売り上げがいくら上がったかはさほど重要ではない」と指摘してくれました。さらに、数字が苦手な僕に、儲かっているかどうかの指標となる「限界利益率」について、税理士さんは「儲けパワー」と呼んで、その大切さを教えてくれました。

今は、その「儲けパワー」を上げ、スタッフに幸せに働いてもらい、いい商品をお客様に届けることが毎日の楽しみになっています。銀行とも、程よいお付き合いで、自己啓発書も、どんな背景で書かれたのか、どんな思いでその言葉を伝えているのかを、考えながら読んでいます。

「売り上げよりも利益が大事」というのは、非常に当たり前の話ですが、それに気づいていなかったのが過去の僕です。そして、「気づく」と「気づいていない」にはものすごく大きな違いあるのは、会社が倒産寸前になるという痛い思いを味わったからこそ、感じています。

だから、この記事を読んだあなたが、また、あなたの周りの人が、もし「売り上げよりも利益が大事」と気づいていなかったら、僕みたいな過ちを犯さないようにそっと教えてあげてください。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。