共働き育児が「綱渡り」を脱するための3段階

これができたら会社でも立派なリーダーだ

浜屋:あとは、家事、育児の負担感が強くなってしまう原因のひとつとして「○○すべき」という勝手な思い込みが、自分を縛ってしまうこともあります。

私は1人目が生まれた当時、「夫の朝ご飯は私が作るべき」と思い込んでいて、子どもが夜泣きしてろくに休めなかったときも、無理に早起きして朝食を作っていたのですが、夫に「朝は何か自分で適当に食べるから作らなくていいよ」と遠慮がちに言われ、拍子抜けした後、ずいぶん楽になった経験があるんです。やるべきと思い込んでいたけれど、実はやらなくてもいいことや、ほかのサービスに頼むなどの解決策が見えてくる場合もあるように思います。

中原:掃除はルンバに頼むとかね。あと、お互いの仕事の状況、働き方について話をする、ということも大事なポイントだと思います。女性活躍推進に関する調査によれば、子育て中の働く女性は、そうでない女性に比べて家の中で仕事の話をしない、という調査データがあります。

共働き育児をしている夫婦の場合、家の中ではどうしても子どもの話題が中心になってしまいます。そのため、仕事のスケジュールの話はしていても、仕事の中身の話はあまりせず、お互いの変化に気づきにくいということがあるように思います。

浜屋:そうですね。仕事自体は変わらなくても、人間関係が変わったり、ビジネス環境が変わったり、働く環境、体調やモチベーションなども刻々と変化していきますしね。何か問題が起きてからふりかえる、というのではなく、こまめに、ちょっと不安を感じたり、違和感を覚えたりするたびに、ふりかえって話し合う時間を持てるといいですよね。

「見なおす」対象は2種類ある

浜屋:ステップ2は「見なおす」です。ステップ1で、ふりかえりをしたうえで、現状のやり方を見なおし、改善策を考えるということです。

中原:ここで「見なおす」対象となるのは、低レベルなものと高レベルのものと、2種類あるように思います。

まず、低レベルなほうでは、「保育園の送迎は誰が行くのか」「急な発熱の場合、誰がお迎えに行くのか」といった役割分担の問題です。これはもちろん、夫婦2人だけの問題ではなく、祖父母などの親戚や、保育園、ママ友、ベビーシッター、ファミリーサポート、病児保育など、育児にかかわる周囲の人、さまざまなサービスを含めて見なおしてみることですね。

次ページ人に助けを求めることは、悪いことではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT