「メールと電話」基本を新人に教えられますか

迅速かつ正確、親切に行えば差別化できる

基礎中の基礎となるスキルだけに侮ってはいけません(写真:ふじよ / PIXTA)
営業、交渉力などの研修講師として5000人以上を指導してきた大岩俊之氏による連載「入社1年目の営業」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

電話とメールは迅速な対応を心掛ける

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

こんにちは。ロールジョブの大岩俊之です。日本では多くの会社が4月になって新年度を迎えました。新入社員を採用した会社は、入社して3週間ほど経過しましたころです。私も、新年度になってから、新入社員に向けた研修を、いろいろな地域で行ってきました。中にはすぐに職場に配属される新人もいれば、まだこれから数カ月の実習を行ってから配属される新人など、その状況はさまざまでしょう。

いずれの業界、職種であっても、新卒の社員として真っ先に教えられる業務といえば「電話対応」や「メール対応」です。ビジネススキルの基礎の基礎とあなどるなかれ、これを身に付ける中で「あること」を意識すると、他の新入社員と大きな差をつけることができます。

意識すべき一つめのポイントは、「迅速さ」です。新人ですから、「商品知識がない」「経験がない」のは当たり前です。電話口でお客さまから自社の商品について聞かれたとしても、すらすらと答えられないのは当然のことです。なので、そこは気にすることはありません。

問題は、わからなかったときの対応です。「確認して折り返しご連絡いたします」と対応し、あなたはひとまず電話を切りました。ここまでは誰でもやれることです。意識すべきは、ここからの「迅速さ」です。とにかくすぐに答えを調べ、先輩社員にそう答えて問題ないか確認をとり、なるべく早く相手に折り返し電話をすることです。早ければ早いほどいいです。お客さまは忙しいので、あなたが早く対応するほど助かるのだと思ってください。

次ページ「スピードと仕事能力比例の法則」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。