最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

1位の筆者は「帝国データバンク情報部」所属

GW本番!「帰省のお供」の1冊は決まりましたか?(写真:hanack / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、4月23~29日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(4月23~29日)のランキングでは、帝国データバンク情報部の藤森徹氏が上梓した『あの会社はこうして潰れた』(日本経済新聞出版社)がトップに輝いた。日本経済新聞の広告のほか、WEDGE Infinityの記事からの流入が多かったという。

第2位にランクインしたのが、『「いまの説明、わかりやすいね! 」と言われるコツ』(浅田すぐる著、サンマーク出版)だ。東洋経済オンラインの記事、ダヴィンチニュースの記事からの流入が見られた。

次ページ以降、196位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。