最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

1位の筆者は「帝国データバンク情報部」所属

GW本番!「帰省のお供」の1冊は決まりましたか?(写真:hanack / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、4月23~29日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(4月23~29日)のランキングでは、帝国データバンク情報部の藤森徹氏が上梓した『あの会社はこうして潰れた』(日本経済新聞出版社)がトップに輝いた。日本経済新聞の広告のほか、WEDGE Infinityの記事からの流入が多かったという。

第2位にランクインしたのが、『「いまの説明、わかりやすいね! 」と言われるコツ』(浅田すぐる著、サンマーク出版)だ。東洋経済オンラインの記事、ダヴィンチニュースの記事からの流入が見られた。

次ページ以降、196位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。