最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

ゴールデンウィークに売れた本はコレだ!

先週の1位は「ホワイト企業大賞」受賞企業の仕組みを解説した一冊(写真:repinanatoly / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、4月30~5月6日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(4月30~5月6日)のランキングでは、『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』(近藤宣之著、ダイヤモンド社)がトップに輝いた。第3回「ホワイト企業大賞」などを受賞した企業経営の秘訣を紹介した本書は、約1カ月ぶりの1位返り咲きとなった。

前週134位から48位にランクアップしたのが、『新・観光立国論』(デービッド・アトキンソン著、東洋経済新報社)だ。NHKのETV特集で著者の活動が紹介され、注目が集まった。

次ページ以降、193位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。