最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

ゴールデンウィークに売れた本はコレだ!

先週の1位は「ホワイト企業大賞」受賞企業の仕組みを解説した一冊(写真:repinanatoly / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、4月30~5月6日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(4月30~5月6日)のランキングでは、『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』(近藤宣之著、ダイヤモンド社)がトップに輝いた。第3回「ホワイト企業大賞」などを受賞した企業経営の秘訣を紹介した本書は、約1カ月ぶりの1位返り咲きとなった。

前週134位から48位にランクアップしたのが、『新・観光立国論』(デービッド・アトキンソン著、東洋経済新報社)だ。NHKのETV特集で著者の活動が紹介され、注目が集まった。

次ページ以降、193位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT