最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

「あの会社はこうして潰れた」が1位返り咲き

先週の1位は帝国データバンク情報部の筆者が書いた『あの会社はこうして潰れた』(写真:kou / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、5月7~13日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(5月7~13日)のランキングでは、『あの会社はこうして潰れた』(藤森徹著、日本経済新聞出版社)が2週間ぶりにトップに返り咲いた。帝国データバンク情報部に所属する筆者が「倒産劇の真実」を描いた本書は、発売以降根強い人気を保っている。

前週96位から9位に躍進したのが、『総合商社』(田中隆之著、祥伝社)だ。日本経済新聞の記事で紹介され、注目が集まった。

次ページ以降、192位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1~47位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。