最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

4カ月ぶり!「生産性」が1位に返り咲き

『生産性』が約4カ月ぶりの第1位に輝いた(写真:Nungning20 / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、4月16~22日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(4月16~22日)のランキングでは、伊賀泰代氏の『生産性』(ダイヤモンド社)が、およそ4カ月ぶりにトップに輝いた。4月17日にNHK「おはよう日本」で紹介され、注文が集まった模様だ。

前回105位から27位へと躍進したのが、ジャパネットたかたの高田明氏初の自著、『伝えることから始めよう』(東洋経済新報社)だ。TBS系「ゴロウデラックス」に著者が出演し、本書を紹介した効果が出た他、東洋経済オンラインの記事からの流入も見られた。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT