最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

「ホワイト企業大賞」社長の本が2週連続1位

ゴールデンウィークに読む本を、ランキングから選んでみるのもいいかもしれません(写真:tomos / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、4月9~15日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(4月9~15日)のランキングでは、近藤宣之氏の『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』(ダイヤモンド社)が2週連続でトップに輝いた。筆者は第3回「ホワイト企業大賞」などを受賞した日本レーザー社社長。「働き方」への関心が大きく後押しする形になったと思われる。

前回120位から22位へと躍進したのが、『お父さんが教える 13歳からの金融入門』(デヴィッド・ビアンキ著、日本経済新聞出版社)だ。ビットコイン、ユーロとドル、ヘッジファンドなど、アメリカの中高生が学んでいる「基本」をわかりやすく解説しているという。

次ページ以降、195位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。