「マジ切れ」する人が目立つようになったワケ

背後に巨大なネガティブ感情が潜んでいる

人の「怒り」の表出に影響を及ぼすのは、「個人的性質」と「怒りを覚える前の精神状態」という2つの要因だ。

そもそもナルシストや競争心の強い人、耐性のない人は怒りを覚えやすい。男女どちらかがより怒りやすい、というようなことはなく、個人の「性分」が大きく影響する。

とともに重要なのが、「怒りを生む土壌」だ。「怒り」は「二次感情」といわれる。心に巣食う別のネガティブ感情、たとえば、「心配」「不安」「いらだち」「寂しさ」「恐怖」「恥ずかしさ」「疲れ」「痛さ」といった「一次感情」が土台にあり、それがなにかのきっかけに「怒り」として爆発して出てくる。

「怒り」の下には巨大なネガティブ感情

つまり、氷山の海面上に出てくる感情が「怒り」であり、その巨大な氷山の海面下には何らかのネガティブ感情が眠っているわけだ。

そもそも、怒りとは、人類の生存に欠かせない感情だ。食べ物がなければ、飢餓感とともに、怒りの感情を覚え、食べ物を欲する意欲に変えた。また、集団で生きることでしか生存が保証されなかった時代に、本意ではないことを怒りという形でほかのメンバーに伝えることで、集団生活を維持する役割を果たしてきた。

他人の悪事に腹を立てず、見逃していたら、社会は成り立たないだろうし、差別や貧困などに対する「怒り」が多くの革命を生んできた。このように、人々は「怒り」とともに進化してきたわけだが、戦争で多くの命が犠牲になり、物質的にも苦しかった時代と比べ、衣食住というベーシックなニーズが満たされた今も、人々は、つまらない、ささいなことに目くじらを立て、憤怒する。

1つには、極限の飢餓や生命の危機といった状況を脱し、衣食が足りて逆に、求める期待値が上がっていることがあるだろう。何か人と比べて、ちょっとでも足りないとそこにストレスを感じてしまう。現代の生活が「怒り」の一次感情を招くストレス要因に満ち満ちていることも関係しているだろう。

格差の拡大、地球環境の悪化、残業、リストラ、交通渋滞、将来への不安などなど。そこに輪をかけるのが「怒りの集積装置」であるインターネットだ(参考記事:熊本地震に「不謹慎叩き」が蔓延する真の理由)。田んぼで野良仕事をしていたら、見聞きすることもなかっただろう、不愉快な出来事が次から次へと耳に、目に入ってくる。自らの怒りをコントロールし、他人の怒りをいかにかわすか。その上手なさばき方が現代社会をたくましく生き抜くカギとなる。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT