税収減止まらず破綻、米デトロイトの末路

自動車依存から脱却できぬまま、悪循環に陥った。

写真:ロイター/アフロ

米自動車ビッグスリーのおひざ元、ミシガン州デトロイト市が18日、自治体としては過去最大規模となる180億ドルの負債を抱えて連邦破産法第9条の適用を申請した。これに投資家たちは敏感に反応した。デトロイトの破綻が金利の急騰やほかの自治体の信用不安につながる可能性を危惧したのだ。

が、数日もすると、地方債の金利は落ち着いた。デトロイトの問題はほかの大都市と比べてはるかに深刻だったにもかかわらず、同市が長らく問題を放置していたことが理由だとわかったからである。

米格付け機関スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2005年以降、デトロイト市債を断続的に格下げしており、09年には「ジャンク債」にまで引き下げた。同社のアナリスト、ジェーン・ハドソン・リドリー氏はリポートの中で、「デトロイト市の債務不履行とその後の破産申請は特異なもので、ほかの自治体に問題が波及するとは考えがたい」と言及している。

次ページ犯罪の9割は未解決
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT