「入社早々」バレる!デキない人の哀しき末路

桜より早く「出世街道から散る人」の3欠点

最弱新入社員の3つ目にして、人として最も致命的な特徴が、なんといっても、早くも社内恋愛に奔走する人たちである。

【3】新人研修で、早くも同期と恋に落ちる

学生気分の抜けない二流の……ではなく、学生気分の抜けない「恋愛体質の新入社員たち」は、とにかくすぐ恋に落ちる。

私がいた某大手外資系の某企業では、入社早々、同期のみならず複数の先輩と恋に落ち、男性中心の職場をすっかり「恋の修羅場」にしてしまった、二流の美人女性社員がいたものである。

このような「恋愛体質の女性」は、数カ月ごとに次々と社員と恋に落ち、さらに、悔しいことに、私以外のほぼ全員と交際するありさまだった。

「恋愛体質」美人女子社員の末路は?

これは性差別ではないのかと糾弾しなければならない、けしからん話なのだが、「優秀な男性社員が会社に来るモチベーションを高めるために、きれいな女性社員を雇おう」などという、二流、三流以下の恥ずかしすぎる採用基準を掲げるおじさんたちが存在する。

そんな中、社員のモチベーションを上げるどころか、毎週のようにさまざまな社員と大いなる自由恋愛を繰り広げ、男性社員の同期がみな恋敵となってしまう、恥ずかしいありさまだ。

恋人をめぐって入社早々、「恋のバトルロイヤル」を繰り広げる失態をさらしている会社があるのは、大変恥ずかしいのみならず、恐ろしいことである。

しかし、お天道様は、天罰を与えるものである。やがて、「彼女のせいで社員同士の仲が悪化し、殺伐とした二流の職場になっている」との経営陣のおしかりを受け、その「恋愛体質」の美人女性社員は、すっかりプロジェクトから干されてしまったのだ。

次ページでは「最強の秘訣」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT