「入社早々」バレる!デキない人の哀しき末路

桜より早く「出世街道から散る人」の3欠点

ここまで、入社早々、その将来のキャリア転落が約束される、恥ずべき没落社員の特徴を、顔を赤らめながら書きつづってきた。それでは、入社した途端、将来の活躍が予想される「最強の新入社員」の特徴とはどのようなものだろうか?

ここまで述べてきた「アカン新入社員」の恥ずかしい3大特徴を兼ね備えていないのは最低限の条件として、「最強の新入社員」は総じて、以下のような特徴を有している。

「最強の新入社員」の3大特徴

【1】「社会人としての自覚」がある

まず将来が明るい新入社員は、社会人として求められる「礼儀正しく、規律正しいはつらつとした若者像」を見事に体現してみせる。

まだ学生気分が抜けずにおちゃらけた同期が多い中、プロフェッショナルマナーを意識して大人の振る舞いを見せるだけで、比較的、簡単に「印象良好なスタートダッシュ」が可能なのだ。

【2】「何でもやりますスピリット」がある

最強の新入社員は、どんな仕事でもまず謙虚に全力投球するものである。
使いづらく、徐々に仕事を任せられなくなる最弱新入社員に限って「私はそんな仕事をするために、入社したわけではありません。それは、バイトさんか秘書さんに任せたらどうですか?」などと平気で口にしたりする。

ダメダメ新入社員が何かにつけて仕事を選別している間に、最強の新入社員は「どんな仕事でも、その人と信頼関係を築く好機」ととらえ、どのような雑務でも期待以上の仕事を行い、社内で徐々に信頼関係を築いていくのである。

【3】「旺盛な学習習慣」がある――日々の雑務に忙殺されない

最後に、「最強の新入社員」と「最弱の新入社員」の間で最も大きな差がつくのが、「日常の雑務に忙殺されず、学習習慣をもっているかどうか」の違いだと言っても過言ではなかろう。

多くの企業で、いざ入ってみると、「ろくでもない資料作成」や「つまらないエクセルへのデータ入力」「上司に依頼されたプレゼン作成のトリプルチェック」など、それはそれは退屈な仕事が、際限なく自分を襲ってくるものである。

しかし、その後、早々と出世していく最強の新入社員たちは、これらの雑務に忙殺されることなく、必ず自分の勉強時間を確保する。

そして、雑務以外の「この職場で学んだことを、次の転職の時に高値で売ってやる」くらいのたくましい商売根性で、戦略的に重要なコア業務への継続学習を欠かすことがないのだ。

ここまで、4月にめでたく新入社員となられた、若手社員の皆様に、エネルギー満タンの応援コラムを書いてきたわけだが、みなさんの会社の「最強の新入社員」とは、どのような特徴を有した人々だろうか?

社内人間関係の多くが初対面で決まってしまうことが多いだけに、「入社時の自分への評判」には細心の注意を払わなければならない。

皆様にとって実り多きキャリアに向けた、幸先よいすばらしいスタートダッシュになることを祈念しつつ、今回の記事を締めさせていただきたいと思う。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT