ストックホルムでトラック突っ込み3人死亡

ロベーン首相「テロ攻撃の可能性高い」

 4月7日、ストックホルムでトラックが歩道に突っ込む事件が発生した。写真は同日撮影(2017年 ロイター/TT News Agency/Anders Wiklund/via REUTERS)

[ストックホルム 7日 ロイター] - スウェーデンの首都ストックホルム中心部で7日、トラックが歩道に突っ込む事件が発生した。これまでに3人の死亡と8人の負傷が確認されている。

同国のロベーン首相は「スウェーデンが攻撃された。すべての状況がテロ攻撃であること示している」と語った。

事件発生後、ストックホルム中心部の一部は封鎖され、主要駅など現場近辺から避難するよう指示が出された。地下鉄全線の運行も停止された。政府筋によると、政府機関もすべて閉鎖された。

警察によると、現時点で逮捕者は出ていないほか、犯行声明も出されていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。