元宝塚女優が26歳で引退・結婚を選んだ理由

こだわりまくるバレエダンサーの夫に決めた

「料理習ったことないから――。肉も切り方とかあるんだろうなっていつも思いながら、わからないから・・・・・・適当に切るんです。男の料理っぽいでしょ」(あいさん)

実はあいさん、結婚するまで料理は一切したことがなかったという。

慣れない手付きで料理に挑む、あいさん

夜10時半。練習を終えた夫が帰宅。すると慣れない料理に奮闘中の妻の横で踊りだした。決して広くはないリビングだが、バレエダンサー夫は家でも予習復習を欠かさない。そんな夫を元宝塚妻は完全無視。料理する妻と踊る夫。なんともシュールな時間が続く中、夜中の12時。ついに、1日1食しかとらないバレエダンサー夫の食事が完成した。

その「おこだわり」のメニューが卵5つを使ったオムレツと、目玉焼き2個を乗せた十六穀米ほうれん草カレー、さらに山盛りのゆでたまごという卵だらけのディナープレート。なぜ、こんなにも卵尽くしなのか?

「最高!! これで、明日また跳べるね!」(伊坂さん)

観客を魅了する高い跳躍力を生み出すバレエダンサーの肉体。その良質な筋肉を作るため、夫はタンパク質を摂ることにこだわっているという。次々と卵料理を口の中に放り込んだ。あいさんの料理はちょっと不格好かもしれないが、夫の体を一生懸命に気遣った愛情たっぷりのメニューなのだ。

究極のおこだわり「Kタイム」とは…!?

食事が終わると時刻は夜中の1時を回っていた。元宝塚妻もさすがに眠たくなる頃だがここから、あいさんが結婚当初、最も困惑したという夫の「おこだわり」の時間が始まる。それは、「Kタイム」。毎晩のように熊川哲也さんのDVDを妻に見せながら、「ほら! ほら! ここまで(足が)上がっている! ほら! 何が難しいって、本番でこれができるかっていうのが難しいの!」(伊坂さん)。

その凄さを熱く語り続けるという、通称「Kタイム」。

「全部、拍手来る! 何をやっても拍手が来る!」(伊坂さん)

「毎日帰ってきたらずっと熊川さんの話ばっかりですし――。主人は本当に熊川さんが大好きでしょうがないんです」(あいさん)

実は夫がここまで熊川哲也にほれ込むのには、ある理由があった。

次ページもともとプロになる気がなかった夫
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT