香港当局、「雨傘運動」リーダーら9人を起訴へ

次期行政長官に親中派が当選したことを受け

 3月27日、香港の次期行政長官に中国が支持する林鄭月娥(キャリー・ラム)氏(写真左)が当選したことを受け、警察当局が、選挙制度の民主化を求めた2014年の大規模デモ「雨傘運動」を組織したり率いたりしたリーダーのうち、少なくとも9人を起訴する意向であることが分かった。香港で撮影(2017年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 27日 ロイター] - 香港の次期行政長官に中国が支持する林鄭月娥(キャリー・ラム)氏が当選したことを受け、警察当局が、選挙制度の民主化を求めた2014年の大規模デモ「雨傘運動」を組織したり率いたりしたリーダーのうち、少なくとも9人を起訴する意向であることが分かった。抗議活動のリーダーらが27日、明らかにした。

雨傘運動の指導者の1人で社会学の教授でもある陳健民氏は「公的生活妨害」への関与や扇動など3つの罪で起訴すると警察当局から連絡を受けたと明かした。

香港大学の法学教授で抗議活動のリーダーでもある戴耀廷氏も、警察から接触があったことを確認したほか、香港最年少の議員で雨傘運動の中心的人物だった羅冠聰(ネイサン・ロー)氏によると、2人の元学生リーダーが起訴に関する連絡を受けたという。

当局が起訴をこれほど長い間待った理由は今のところ不明。警察はロイターのコメントの求めに応じていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT