香港当局、「雨傘運動」リーダーら9人を起訴へ

次期行政長官に親中派が当選したことを受け

 3月27日、香港の次期行政長官に中国が支持する林鄭月娥(キャリー・ラム)氏(写真左)が当選したことを受け、警察当局が、選挙制度の民主化を求めた2014年の大規模デモ「雨傘運動」を組織したり率いたりしたリーダーのうち、少なくとも9人を起訴する意向であることが分かった。香港で撮影(2017年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 27日 ロイター] - 香港の次期行政長官に中国が支持する林鄭月娥(キャリー・ラム)氏が当選したことを受け、警察当局が、選挙制度の民主化を求めた2014年の大規模デモ「雨傘運動」を組織したり率いたりしたリーダーのうち、少なくとも9人を起訴する意向であることが分かった。抗議活動のリーダーらが27日、明らかにした。

雨傘運動の指導者の1人で社会学の教授でもある陳健民氏は「公的生活妨害」への関与や扇動など3つの罪で起訴すると警察当局から連絡を受けたと明かした。

香港大学の法学教授で抗議活動のリーダーでもある戴耀廷氏も、警察から接触があったことを確認したほか、香港最年少の議員で雨傘運動の中心的人物だった羅冠聰(ネイサン・ロー)氏によると、2人の元学生リーダーが起訴に関する連絡を受けたという。

当局が起訴をこれほど長い間待った理由は今のところ不明。警察はロイターのコメントの求めに応じていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。