日本一のバリスタに聞く「いいカフェ」の見方

プロはお店のここを見る!

世界最大のバリスタの国際大会「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」で、チャンピオンに輝いた井崎英典さん(写真:安宅駿)

バリスタという職業をご存じだろうか? カフェやバールのカウンターに立ち、注文に合わせてコーヒーを淹(い)れる仕事だ。

たとえば、多くの人になじみのあるスターバックスでコーヒーを淹れている緑のエプロンの人もバリスタだし、さらにコーヒーの専門知識を持つ黒いエプロン姿の「ブラックエプロンバリスタ」もいるそうだ。

昨今のカフェブームでバリスタも増えているが、日本にはただひとり「世界一」の称号を持つバリスタがいる。2014年、各国の予選を勝ち抜いた精鋭が集う、世界最大のバリスタの国際大会「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」で、わずか24歳にしてアジア人初のチャンピオンに輝いた井崎英典さんだ。

大会時、コーヒー好きには有名な、長野県の小諸にある丸山珈琲の本店で働いていた井崎さんは、2016年1月に独立し、「SAMURAI COFFEE EXPERIENCE」を創業。現在、コーヒーエヴァンジェリストとして、世界を飛び回っている。

今回は、世界のコーヒー事情、カフェ事情に精通している井崎さんに、「誰でもわかるおいしいカフェの選び方」を聞いた。

コーヒーエヴァンジェリストの仕事とは?

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

──井崎さん、まずは現在、コーヒーエヴァンジェリストとしてどんなお仕事をしているのか教えてください。

井崎:コーヒー専門のフリーコンサルタントとして、コーヒーのチェーン店での技術指導や教育システムの構築、トップバリスタのコーチング、エスプレッソマシンメーカーのテクニカルコンサルタント、コーヒー豆やコーヒー関連のマシンを扱っている代理店の売り上げを伸ばすための販売戦略を考えたりしています。

不二家、森永乳業、ティファールなど他業種とのコラボレーションも増えていますね。最近では、サラヤと「カロリーゼロでコーヒーに合う砂糖」を開発しました。

相変わらず海外出張も多くて、昨年は68回飛行機に乗って、出張日数が226日。今年はすでにインドネシア、オーストラリア2回、イタリア、イギリス、ギリシャ、スイス、中国、シンガポール、台湾に行きました。

次ページ細かい心配りができる人がうまいコーヒーを淹れられる人
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT