ヴェゼルがC-HRにさほど負けていない理由

室内の広さと買い得感が先駆者の武器だ

ヴェゼルの安さには理由が2つある。ひとつはコンパクトカーのフィットをベースとしていること。もうひとつはガソリン車がエントリー、ハイブリッド車がアッパーグレードという明確なすみ分けがなされていることだ。

すみ分けをしているのはヴェゼルだけではない

外寸から想像するより室内や荷室が広い

こういうすみ分けを実践しているのはヴェゼルだけではない。ベースとなったフィットはもちろん、トヨタでもコンパクトカーの「ヴィッツ」や高級SUVの「ハリアー」などはガソリン車とハイブリッド車で価格帯が異なっている。

いずれもガソリン車はコスト面で有利である自然吸気エンジンであり、当然ながらハイブリッド車はこれより高価になる。なのでこうした価格差がつくのはむしろ妥当と見るべきだろう。

この点についてはむしろC-HRが異例といえる。C-HRのガソリン車は欧州車で多用されるダウンサイジングターボ、つまり1200ccという小排気量エンジンにターボを追加することで好燃費を狙ったテクノロジーだが、自然吸気よりコストはかさむ。しかもトヨタは、日本で販売するSUVに4WDは不可欠と考えており、ハイブリッド車は前輪駆動のみであることから、ガソリン車は4WDだけとした。これもコストアップにつながっている。

それでもC-HRがここまで販売台数を伸ばしていることには少し驚いている。日本の自動車マーケットが、良いクルマであれば相応の価格であっても売れるという状況に移行しつつあるなら喜ばしいことである。

ただ、現状の数字は新車効果という見方もできるだろう。一巡すれば、ヴェゼルとの差が縮まってきたり、逆転したりする可能性もある。トヨタはC-HRに欧州市場で主力の1200ccターボエンジン搭載車のFFモデルや同マニュアルトランスミッション車の設定などを検討しているという話もあり、こうした商品の魅力を増していく施策が欠かせない。

C-HRがスタートダッシュを生かしてSUV年間1位の座をヴェゼルから奪うのか。それともヴェゼルが巻き返すのか。「SUV頂上決戦」が本格化するのはむしろこれからだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。