中国国家主席、米国務長官との会談で「配慮」

対話の重要性を強調

 3月19日、ティラーソン米国務長官(写真右)は中国の習近平国家主席(左)と会談し、初のアジア歴訪を終えた。北朝鮮問題での協力で合意したものの、微妙な問題への言及は避け、習主席が同長官に配慮を示したかたちとなった。北京で同日撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 19日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は19日、中国の習近平国家主席と会談し、初のアジア歴訪を終えた。北朝鮮問題での協力で合意したものの、微妙な問題への言及は避け、習主席が同長官に配慮を示したかたちとなった。

中国はこれまで、北朝鮮問題をめぐる主張、韓国への防衛ミサイルシステム配備、台湾の対応などで米国の態度に苛立ちを示していた。

ただ今回の会談で習主席は、ティラーソン長官が両国関係の新時代への移行で尽力したと評価。またこれまで電話会談などでトランプ氏と何度か対話したことに言及し「われわれはともに、両国関係が建設的な発展に向け新時代を迎えることを期待している」と述べた。

ティラーソン長官は、トランプ大統領が中国と相互理解を深めることに前向きとし、将来の中国訪問を楽しみにしていると伝えた。

その上で「対話によって理解が深まり、両国関係の強化につながる。今後の協力関係を方向づける」として対話の意義を強調した。

*写真を付け、カテゴリーを変更して再送します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。