エイベックスの“仰天"採用計画

「新卒一括」から脱却、学歴、就労経験問わず募集

エイベックス・グループ・ホールディングス。音楽分野でトップを走るエンターテインメント企業が、新入社員の採用方針を大胆に転換した。来年(2014年)春入社予定の新入社員の選考について、卒業予定の学生のみを対象とする「新卒一括採用」をやめる。20代の若い世代に限るものの、学歴、就労経験、過去の不合格実績などを問わない人材を対象とした新たな選考試験を実施する。明治期に生まれ、いわゆる大企業の大量採用モデルとして確立した日本独自の雇用慣行から脱却して、これまでにない人材の獲得を目指す狙いだ。

エイベックスは、今年度の採用において、「“志”一括採用」と呼ぶ新たな採用方針を打ち出した。29歳未満の人材を対象に、新卒・既卒のみならず学歴や国籍、就労経験などに関係なく、選考試験の応募を受け付ける。

応募に当たっては、選考の過程で複数回実施するグループワークや現場体験などのビジネスコース、インターンなどへの参加や、採用が決まった場合は、来年春に正式入社ができることなどが最低条件となる。対象者を29歳未満としているのは、長期勤続によるキャリア形成を図るためだ。

自社HPのみで公表

エイベックスは“志”一括採用について、プレスリリースや記者会見などによるマスコミ向けの発表は行わず、概要をエイベックスのホームページ(HP)に掲載することで公表した。すでに7月24日(水)にWEBエントリーを締め切り、現在は、7月29日(月)15時必着で『挑戦状』と呼ぶ応募書類を受け付けている段階。書類選考通過者は、説明選考会や複数回に及ぶビジネスコースの受講、プレゼン、インターンなどを約5カ月にわたる選考に臨む。これをすべて突破できれば、12月25日に内定を授与されるスケジュールとなっている。

次ページ“志”一括採用の狙いは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT