ダイハツの新車開発、“期間半減”目指す 21年ぶりの生え抜きトップ、三井新社長が所信表明

印刷
A
A

これまではよい技術、市場ニーズに合わせたアイデアができても実際のクルマに搭載するのは次のマイナーチェンジでやろう、といった感覚だったが、これからはすぐに適用したい。

小さい組織で密接に意思疎通すれば、効率は上がる

私はダイハツ九州の立ち上げに携わったが、そこでコンパクトな組織で意思疎通を密にするれば効率が上がることを実感した。これをダイハツ全体に拡大し、事業運営のスピードアップを図りたいと考えている。

海外展開については、トヨタ自動車との連携のもとで拡大していく。トヨタグループの中でダイハツは、小さい車を安く作る能力を求められていると思う。海外展開はあくまでトヨタとの連携で、海外向けに独自に自動車を開発したり進出したりすることはない。軽の技術を海外に展開することはトヨタとの連携の中で大いにありうる。

(撮影:今井 康一)

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT